スポンサーリンク
このボタンをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントをLINE友だち追加できます。
Add friend
このボタンをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントをLINE友だち追加できます。
Add friendPT・OT・ST WORKERひふみ投信

グローバルに生きるこどもたちの未来のために親が今してあげられるのは「親子留学」がおすすめ

心疾患リスク検査キット
doda
コミックシーモア読み放題


液晶王国液晶王国楽天モバイル海外旅行保険

スポンサーリンク
OCN
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
このボタンをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントをLINE友だち追加できます。
Add friendrakuten不織布三層構造マスク
OCNモバイルONE/OCN光ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」読み放題OCNモバイルONE/OCN光
暮らしに関するお困り事を素早く解決!【生活110番】
スポンサーリンク
このボタンをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントをLINE友だち追加できます。
Add friend不織布三層構造マスク治験ボランティア[(JCVN)高齢健常者 65歳以上]

アットランス韓国ファッション

大人になって気づいたときには遅い、こどもの時に親がやらせてあげないとダメなんです

大人になって気づく英語の重要さ、英語だけでなく語学全般に言えることですが、言語脳の発達は子供のころに行わないと、あとで悔やむことになります。それは、学生時代に、中学、高校と6年間も英語を学校で学んでも、英語を聞き取れなかったり話せなかったりする大人がたくさんいることでも理解できると思います。

赤ちゃんの脳みそは3歳までに大人とほぼ同じになるのです

生まれたばかりの赤ちゃんの脳みその重量は約400グラムで、3歳までのわずか3年間でこれが1,300グラムにまで急成長するのです。
この1,300グラムというのは成人の約8割ですから、3歳までにほとんど大人と同じくらいの重量になっているのです。つまりその時期がとても重要だということです。いわゆるバイリンガルとは日本語脳と英語脳を翻訳するのではなく同時に働かせる神経回路を作る必要があるのです。大人になってもなかなか英語が聞き取れないことや時間がかかるのはそのためです。

いろいろな調査の結果を見るとますます今やらなくてはダメなんです

ベネッセ2017年調査 学校外教育活動に対する調査では 学習全般としては当然進学教室が1位ですが、英会話は2位です

1位 進学教室     12.6%
2位 英会話・英語教室 10.8%

どんな子供が習っているかを見ると、小学生までで25.5%です。親御さんたちはよくわかっているんですね。やっぱり小さいころに学ばせなければと納得です。

幼児  10.5%
小学生 15.0%
中学生  9.2%
高校生  4.6%

未就学のお母さん900人に尋ねた子供に習わせたい習い事ランキング
『ケイコとマナブ』2017年 子どもの習い事ランキング
(リクルート:http://www.recruit-mp.co.jp/news/release/2017/1005_3288.html)

1位 英語・英会話
2位 水泳
3位 書道

英語はやっと小学校で必修化になり、親御さんたちは英語を早く習わせなくてはと考えてのことでしょうか。

東大生7000人の子供のころの習い事ランキングでは3位です。

1位 水泳
2位 ピアノ
3位 英会話

【現役東大生7000人】子どもの頃の習い事 ダビンチニュース(https://ddnavi.com/news/237845/a/)

「英語力」「反復力」「コミュニケーション能力」に差がつくのです

このように、子供の早期教育に英語が望まれていることがわかりますが、親として
英語を学ぶことで身につくのは「英語力」「反復力」「コミュニケーション能力」
英語を幼児期から学ぶことで、こどものその後の人生に役立つスキルも身につくのです

同じくベネッセの調査ですが、早期の英語教育を行ったこどもたちが、小学生になった時にどのような能力が身についているかの調査です。英語教育を受けていなかったグループと、0歳から2歳で受けたグループと3歳以上で受けたグループで比較しています。「聞いたことをマネする」「好奇心が旺盛」「コミュニケーション能力」の三つの能力どれをとっても、幼児期に英語教育を受けたグループの子が高いのです。これは、英語だけでなく、日本語の反復力も高いという研究もあります。

この中で親として最も期待したいのは「コミュニケーション能力」だと思います。コミュニケーション能力が高い子は、自分で生きていく道を自然にみいだし育っていくからです。

そこで、より早く英語環境に接する親子留学なのです

デイキャンプや短期留学のような子供の海外経験は、コミュニケーション力をつけるという点では大きな効果があります。こういった場では誰とでも積極的に話すことが求められるからです。それだけでなく、異文化にふれあい、幅広い経験ができ多様性を身に着けるという点でもオススメです。

やっぱり日本と全く違う海外の環境の中に入ることが一番いい

どうしたら、子供たちが楽しく英語コミュニケーションに接することができるか考えたことがありますか。実は今もっとも熱いのは「親子留学」なのです。ネィテブの発音に一日中接するには英語環境の中で学ぶことが一番良いことは誰でもわかるでしょう。

しかし、子供だけ海外に出すことは、よほどの覚悟がいるでしょう。親子留学をすれば、子供は親がそばにいることで絶対の安心感を持ち、伸び伸びと英語に接することができます。それだけでなく親も、別のクラスで英語を学ぶことができます。その経験は親子の絆も深めることになります。

一家で留学というのもよい考えです。こどもはインタナショナルスクールやナーサリーで、父親は英語キャリアアップ、母親はリフレッシュという方もいます。そして土日は、家族でリゾートで楽しむのです。

海外の経験は子供には大きなインパクトで、帰国後も日本で異文化への親近感がまし、英語学習へのモチベーションが高まり、楽しく外国語授業に参加するようになります。

しかし、この2年間コロナ禍中で、やっと緊急事態宣言措置が明けたばかりで簡単には海外に行けない状態です。おそらく来年には、海外にも自由に行けるようになってくると思います。まずは、オンライン英語学習や海外親子留学準備のために情報収集や、ルシェットで相談を始める時期でしょう。

最短1日からOK!親子で楽しむ国内留学&国内英語ホームステイ

ちょっとグローバル志向なママ&キッズのための情報サイトは生の情報が盛りだくさんです

グローリア

Glolea![グローリア]
Glolea![グローリア]はちょっとグローバル志向なママ&キッズのための情報サイトです。世界の子育て情報をはじめ、1週間からのプチ親子留学、子供オンライン英会話、サマースクール、プリスクール… 子供英語×グローバル教育情報満載!

東京都福生市、米軍基地周辺でアメリカ人専用エリアでのホームステイなんてコースも紹介されています。それこそ、都内で海外生活を味わえる親子留学がコロナ禍中でもできます。


タイトルとURLをコピーしました