海外、グローバルでエコナセイカツ(生活)に使える,高いハイエンドではなく、コスパのいい「格安スマホ」「格安sim」端末wiko g08の他で、DSDV、OTGも、OPPO R15 Neoがいいかも

Pocket

海外で使えるコスパの良い端末

私は、スマホは道具と考え、ハイエンド機ではなく、気楽に変えるコスパの良い端末を利用します、ところが、日本ではなかなか良い端末がありません。wiko g08が良かったのですが、残っていたamazonでもほとんどなくなってしまい、いい端末を探していたのですが。

グローバルに使えるDSDSのコスパのいい端末の一つとして、OPPO R15 Neo(RAM 3GB)は候補になるかもしれません。25000円ぐらいです。

スポンサードサーチ

IIJmioのセール

IIJmioでDSDVの端末をなくなるまでのセールになっていますが、在庫切れで、次の入荷はわからないとのことでした。分かっている人はすぐに動くのですね。
IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)

DSDVは最強ですが問題も

機能的には、5G前、4G段階ではDSDVが最強です。さらに上の機能の「DSDA」がありますが、探しているのは高級機ではなく、気楽に変える、ミドルレンジのコスパの端末では見当たりません。海外利用が多いものにとっては、まだ、アジアなど4G中心という状態ではないのでDSDSで十分なのですが、同じぐらいの価格でDSDV端末が買えるなら、DSDVもいい、となります。それがわかっている人は当然欲しがるのです。が注意も必要です。

海外では、3Gがまだ多く使われているので、4G+3GのDSDSが最も適しているのですが、国内でSIM、2枚ざしとしても使う場合、DSDVは価値があります。ただ、auのVoLTEとdocomoのVoLTEは仕様が違いますので、2枚ざしの場合SIMをドコモ系にするかau系にするか問題になります。1枚だけなら問題はありません。

スポンサードサーチ

DSDVとは、おさらい

デュアルスタンバイ、デュアルVoLTEです。つまり、4G、LTEのネットワークで、3Gの音声が送れる方式で、これにより、LTEの電波だけで音声も、データも送れるわけです。もともとは、au系の3GでCDMA2000の開発で、docomoが採用した世界標準(WCDMA)に乗れなかった結果、3Gではマイナーになり、4G、LTEにおいて挽回しようと、音声通話も可能にしてしまう技術なのです。いずれ、3Gは終わっていくことが考えられるから、auは今後はすべてVoLTE対応にしていく方向です。ただ、auのVoLTEとdocomoのVoLTE(Voice over LTE)は仕様が違っていますので、そこは端末ごとに確認しないと問題はのこります。

私は、海外での活用が主ですから、日本の格安SIM+海外SIM(3G中心)、2枚ざしという組み合わせで使うことにおいては問題はありません。
IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

OPPO R15 Neo、機能一覧です。ご確認ください

基本情報
名称 Oppo R15 Neo
メーカー
Oppo(中国のメーカー)
ネットワーク
3Gバンド HSDPA 850 / 900 / 1800 / 1900
4Gバンド LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 18(800), 19(800), 20(800), 26(850), 28(700), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
ドコモ, ドコモ系mvno 4G band19 対応 , FOMAプラスエリア3G 対応
au, UQモバイル auプラチナバンド 対応 , au 3G(CDMA2000) 非対応
ソフトバンク, Yモバイル プラチナバンド 完全対応
速度  Cat6 300/50 Mbps
SIM  NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ(3スロットで、SDカードも同時に使えます)
Wi-Fi  802.11 b/g/n
ハードウェア
ディスプレイ 6.2インチ, IPSディスプレイ,  画面占有率: 81.2%
ディスプレイ解像度 720 x 1520(HD+), アスペクト比19:9, 271ppi
サイズ 156.2 x 75.6 x 8.2mm
重さ 168g
システム
OS Android 8.1 (Oreo) , ColorOS 5.1(独自OSを搭載しています)
Soc Qualcomm Snapdragon 450
CPU Cortex-A53 8コア, 1.8 GHz
GPU Adreno 506
ベンチマーク Antutu: 57201
Geekbenchシングル:756 Geekbenchマルチ: 3909
メモリ
メモリ(RAM) 3GB / 4GB
ストレージ 64GB,  microSD最大256GBまで
カメラ
メインカメラ  13 + 2MP, F値/2.2 ,デュアルカメラ
前面カメラ  8MP , F値/2.2
動画  最大画素数: 1080p  最大fps: 30fps
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 4.2
GPS  GPS
OTG USB On-The-Go(OTG機能使えます)
ネットワーク機能   FMラジオ
センサ類 加速度センサ, 近接センサ, コンパス
防水   非対応
イヤホンジャック   あり
バッテリー
バッテリー容量  4230mAh
ポート  microUSB 2.0
その他
本体色 Red, Dark Purple
公式サイト http://oppojapan.com/smartphones/r15neo/

OTGには対応していますが、ミラスクリーン機能は搭載していないようです。

つまり、TVとの接続がうまくできないとか、スマホでプレゼンとかがうまくできないということです。バッテリーはいいですよ、DSDV端末はバッテリー消費が多いですから、4000mAアンペア以上というのはすごい量です。また画面の大きさも大きく、見やすい6.2インチもいいですね。アマゾン、楽天での価格をごらんください。

OPPO OPPO R15 Neo ダイヤモンドブルー Android 8.1 6.2型 メモリ/ストレージ:3GB/64GB nanoSIM×2 SIMフリースマートフォン[R15NEO3GBL]

価格:25,660円
(2019/2/25 11:05時点)
感想(10件)

Please follow and like us:
error

Related Post

trivago アットランス韓国ファッション
獣医師があなたのご相談を承ります 気になることはどんなことでもお気軽にご相談ください。
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial