VIX

ETF運用

グローバルでエコナセイカツのため、安全・安心な運用には、低コスト投資信託がお勧め

日本人の投資運用行動は欧米と比較してまだまだ少ない 家計の金融資産を比較してみると、日本と欧米では全く違うのです。日本人は1800兆円といわれる個人資産の53.3%過半数を貯蓄に回しています。一方、アメリカはたった12.9%、欧米は34....
ETF運用

グローバルにエコナセイカツのため、これが「テールリスク」なのか、「ブラックスワン指数」が「VIX」の急上昇と株価暴落の前兆を予想していたのか

リーマンショックと同レベルの打撃 ここまでの、VIX指数(恐怖指数)の動きですが、過去の、金融バブルのレベルとは異なりました。世界中で死者が増えていくことでの、自分に迫ってくる生命にかかわる危機は、戦争にもたとえられているように、過去のリ...
ETF運用

人気の「低コスト投信」でグローバルにエコナセイカツ、安全、安心な投資のため、投資信託のメリット、デメリット

投資信託の優先選択肢は「低コスト投信」が人気になった 投信の選択方法が、最近になり変わってきました。従来の選択の時にはおおよそ、以下のような選択肢を考えたとおもいますが、今はこれらのカテゴリーを考えるのは「低コスト投信」で検索したあとです...
ETF運用

VIX(恐怖指数)は今のところコロナショックには大きく反応していません。NYは何度も高値更新するなか、グローバルでエコナセイカツのため安全性が高いのは低コスト投信

アメリカVIXは意外と大きく上昇してはいない 新型コロナショックは世界中で予断を許さない状況ですが、しかし、VIX(恐怖指数)は意外と大きくなっていないのが驚きです。 2002年11月から2003年のイラク戦争VIX40、2003年...
ETF運用

失われた20年の呪縛から解放されるか、2020年相場が試される、投信とETFで運用しながらグローバルにエコナセイカツを続けたい

突然の地政学的なVIX指数の振れにも、アメリカ、ヨーロッパは落ち着いていた 2019年末は、米中との1段階合意にこぎつけ、安心していたところで、突然のアメリカによるイランのソレイマニ司令官攻撃のニュースで年初から、第三次世界大戦に発展する...
ETF運用

グローバルにエコナセイカツを送るため、日経、年末はどうなる、リゾートビーチにいながら安全・安心の投資で資産を増やすためには、投資信託、ETFで

日経平均のチャートとボリンジャーバンドとMDCA みなさん、この後株式相場がどうなるのか、心配ですよね 1年を振り返ってみましょう。(2018年)昨年は、とんでもない年末でした。VIX指数(恐怖指数)が36まで上がり、株価は急落しま...
ETF運用

VIXは15まで下がりとりあえず落ち着いてきたが、安心できない。そこで、エコナセイカツ(生活)のため世界に分散投資するにロボアドバイザー比較してみました。

落ち着いてきたダウ平均、VIX(恐怖指数)も15ポイント台まで下がった 落ち着いてきたダウ平均、VIXが15ポイント台まで下がってきました。2019年2/5で15.57ポイントまで下がりました。12月24日の魔のクリスマスイブに36.7ま...
ETF運用

海外、グローバルでエコナセイカツ(生活)のために、安全な運用を考えながら投資を続ける。VIX(恐怖指数)の動きは人間の心理そのもの

VIX、日経VIX、ヨーロッパのVSTOXXと日経チャート このチャートは、1年間のVIX、日経vix、ヨーロッパのVSTOXXのチャートと、日経平均のグラフを重ねたものです。これを見ると、12月の最後のVIX指数の上昇で、日経は大きく下...
ETF運用

海外、VIX指数(恐怖指数,ボラティリティーインデックス,volatility Index)は次第に落ち着くもの、エコナセイカツ(生活)のためにも投げ売りは禁物

恐怖指数 日経平均比較チャート 出所チャートは「株式会社ストックブレーン」からです VIXが(恐怖指数)下がらないので日経も下げ止まらない状態が続いています。心理的に市場参加者の強弱感が大きく振れ、ボラティリティ volatilit...
記事が気に入りましたらぜひフォローをお願いします
タイトルとURLをコピーしました