グローバルでエコナセイカツのために格安SIM、格安スマホ、2019年から2020年へまとめ、どう変わった。今後どう対応すればいちばんお得か、5Gのまえにとりあえずコスパの良いもの


「家庭教師比較サイトでは業界トップクラス
実績信頼性ともに非常に高いです。」 カテキョnavi
会社がつらいと思ったあなた円満退職代行はここ
【退職代行ニコイチ】

ユーザー数20万人!日本最大級の賃貸仲介不動産の接客プラットフォームです。 どこでもスマホで物件をチェックし、いつでもチャットで相談もできる!(10-22時で返信対応中)お部屋の見学にも来店は不要!【ietty(イエッティ)】
歯科医院でしかできないホワイトニング【スターホワイトニング】
事故車買取
デジタルドラゴン アニメイト
League of Angels2 -リーグ オブ エンジェルズ2- 学研オンライン英会話 macパラレル
スマホひとつでできる全く新しい英語学習【ALUGO】
わたしnext ダイエット家庭教師

2019年制度改正によって何が変わったの?

携帯電話の「○年縛り」が、10月の電気通信事業法改正にともない、2019年秋からなくなりつつある。総務省が「2年縛り」での違約金上限額を1000円(以下、税抜)に定め、携帯電話事業者(キャリア)が対応に追われています。

キャリアの大手に加え、一部の「格安SIM」も規制対象に入ります

新しい電気通信事業法で規制された事業者は、みずから回線を持つ「MNO」のすべてと、その「特定関係法人」に加え、回線を他社から借りる「MVNO」のうち100万契約を超えるものは規制対象になります。それ以下のMVNOは、競争への影響が少ないとして、原則として除外されています。

キャリアとは何?

★NTTドコモ

★au(KDDIなど)

★ソフトバンク

★これから自社回線を持った「楽天モバイル」が参入します

★MVNOでありながら自社回線(WiMAX)も持つUQコミュニケーションが「MNO」と指定されています

100万契約を超えるMVNOとはなに?

◆NTTコミュニケーションズ(OCNモバイルONE)

◆ビッグローブ(BIGLOBEモバイル)

◆LINEモバイル

◆インターネットイニシアティブ(IIJmio)

◆オプテージ(mineo)

規制をうけての動きは

●「NTTドコモ」と「au」が10月から導入した新プランでは、「2年縛り」の違約金を1000円に値下げ。

●「ソフトバンク」の新プランでは、違約金が撤廃された。

●ソフトバンクが運営する「ワイモバイル」(契約プランにより、複雑必ずしも撤廃されていない、プランごとに確認が必要)

●KDDI系の「UQモバイル」が、新プラン導入とともに「縛り」を撤廃しました

●「楽天モバイル」は、MVNOも当面継続するとしている。こちらではそれまで「縛り」期間内の解約には9800円がかかっていたが、10月から最低利用期間も違約金も廃止した。

●「LINE」モバイルや「BIGLOBE」は、1年間の「縛り」を継続するが、解除料を1000円に値下げ。

●「mineo」は、以前から最低利用期間を設けてなかったが、その代わりに設けていたMNP(携帯ナンバーポータビリティー)転出時の解除料(9500円)を廃止した。

●「OCNモバイルONE」は新プランからは縛り期間を廃止する

誰でも解約しやすくなったので、格安SIMに移る人はふえるのではないでしょうか?

なぜ完全撤廃でなくて、違約金1000円なのかは納得できないが、以前の2年縛りで、2年過ぎても、1、2か月ぐらいの間に解約しないと、解除料9500円とられていたことから考えると、とりあえずましな状態になり、ある程度自由に格安SIMに動ける土壌はできたと言えるのではないでしょうか。

縛りがなくなることは、いつでも、SIMと端末を替えることができるため、新機種が出た時の機種替えは有利になります。いままでは、9500円は最低払わなければなりませんでした。それが1000円あるいは0円になるので、乗換の敷居が明らかに低くなりました。

OCNモバイルONEでは乗換(MNP)で5000円off(音声対応SIM限定)ですからさらにお得です。
OCNモバイルONEOCNモバイルONE

OCNモバイルONEOCNモバイルONE

OCNモバイルONEOCNモバイルONE

OCNモバイルONEOCNモバイルONE

SIMロックfreeの端末でない場合、まずSIMロック解除を忘れてはいけません

ただし、落とし穴があります、SIMロック解除です。キャリアで購入した端末の中には、SIMロックがかかっているものがあります。この場合、たとえばソフトバンクの場合だと手続きと3000円の手数料がかかります。ドコモの場合だとMy docomoから自分で行えば無料で、ドコモショップでは3000円です。

ただし、もともと、シムロックfreeの端末を使っていた人はどこのSIMでもそのまま使えます。ソフトバンクの場合など、解約してからシムロック解除はできませんので、解約前に3000円でやってもらうことになり。出費が出ます。

次の焦点は「回線使用料」の引き下げで、もっと「格安」になるのだろうか?

格安SIMにとっては基本キャリアに払う回線使用料が安くならないと、使用料そのものの値下げには結びつかない。総務省も、そこにもメスを入れる方向ではありますが、回線使用料が安くなっても使用料が安くなるかは格安SIM業社しだいです。

これは、楽天の参入により価格競争が激しくなれば、様子は変わってくるでしょう。キャリアはキャリアを抜けた人も格安SIMでの別会社で、取りこぼしがないように枠組みを広げています。

ドコモは「OCNモバイルONE」

楽天も格安SIMは残すと言っているし

ソフトバンクは「Yモバイル」

auは「UQモバイル」

というように、キャリア各社は先を見て格安SIMにおいても、関係の格安SIM会社を育て、キャリアからの抜け組のシエアをとろうと拡大路線です。

実際5Gが普及するまでにはまだ時間がかかるのでは

5Gのコストがまだはっきりしないのと、5G端末がまだはっきりしない。利用料金が高いと最初のうちは、4Gでもいい人が多数になるのでは?と考えています。とすると、5G端末の値段やデータの料金が安くなってくるまでは、現行端末で、最新機能で2年は使えそうなコスパの良い安いものをとりあえず購入しておくのが一つの方法かなと考えます。

機能としては、RAM4G以上、ROM64G以上、DSDV(SIM両方とも4G対応)3スロット(これは必須、SDとSIM入れ替えなんてダメ)、OTG、バッテリー容量4000mA以上、アンドロイドはピュアタイプ(何かしこまれてはたまりません)、LTEでバンド2と4と5が入っている(アメリカバンド)

これらを満足した端末を調べると、OCNモバイルONEで発売記念特価で20680円コスパいいです

ZenFone Max Pro (M2) 6GB/64GB、ZB631KL-BL64S6

最強レベルのスタミナと堅牢性
本格的な写真が簡単に。驚異のAIカメラ搭載

これはいいですね。RAM6GBでこの価格で買えるのならコスパが素晴らしく良いです。

OCNモバイルONEOCNモバイルONE

スペック

型番 ZB631KL-BL64S6
カラー ミッドナイトブルー
サイズ(高さ x 幅 x 厚さ) 約157.9mm x 約75.5mm x 約8.5mm
質量 約175g
OS Android™ 8.1 (ピュアAndroid)
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 660(オクタコアCPU)1.95GHz
メモリ RAM:6GB
ROM:64GB
外部メモリ microSD™ (最大2TB)
ディスプレイ 6.3インチ ワイド
2,280 x 1,080 (フルHD+)
IPS液晶 (LEDバックライト) Adreno™ 512
Corning® Gorilla® Glass
バッテリー 5,000mAh
コネクタ microUSB
アウトカメラ 1,200万画素 + 500万画素 (深度測定用)
LEDフラッシュ
インカメラ 1,300万画素
LEDフラッシュ
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth® Bluetooth® 5.0
NFC
Felica
SIM nanoSIM/nanoSIM ※1
通信方式 LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/28/38/41
3G:B1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1,800/1,900MHz
キャリアアグリゲーション:2CA
生体認証 指紋認証/顔認証
防水/防塵
センサー GPS (GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSSサポート)/加速度センサー/電子コンパス/光センサー/近接センサー/ジャイロスコープ/指紋センサー
本体付属品 USB ACアダプターセット ※2/SIMイジェクトピン/ZenEar/ZenEar交換用イヤーピース/クリアケース/ユーザーマニュアル/製品保証書

OCNモバイルONEOCNモバイルONE

こちらでも詳しく書いています参考にしてください




Please follow and like us:
error

You may also like

You may also like

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial