株式投資型「FUNDINNO」自分で選んだ将来性ある企業にクラウドファンディングでエンジェル投資家となって企業の成長を支援する、エコナセイカツ(生活)を送りましょう

Pocket

国内初の株式投資型クラウドファンディングサービス

国内初の株式投資型クラウドファンディングサービスサイトの本登録プログラムです!
非上場株式の発行により、
インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める画期的な仕組みです。

スポンサードサーチ

自分がエンジェル投資家となって、IPOやバイアウトを目指す企業の成長を支援する。

株式投資型クラウドファンディングは、非上場株式の発行によりインターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みです。 「FUNDINNO」で取り扱っている案件にはプロの投資家が投資をしている案件も多く、その成長性に期待ができる企業を掲載しております。 また、当社においても金商法で定められた項目を中心に厳正な審査を行っております。

株式投資型クラウドファンディングとは

非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額づつ資金を集める仕組みです。
1社あたりの年間募集金額の上限は100,000,000円未満、投資家の1社に対する年間投資上限金額を500,000円として、株式の発行による資金調達を可能にした新しい資金調達の仕組みです。

https://fundinno.com/projects/71


ファンディーノ厳正な審査


ファンディーノ

応募企業の厳正な審査将来的にスケールする可能性のある会社かどうか?革新性はあるか?独自性はあるか?といったような明確な方針に基づき、又、個人投資家保護の観点から詳細な調査とリスクの洗い出しを行うなど厳正な審査を行っています。 審査過程は、公認会計士等専門知識を有する者を中心としたチームで行い、また、審査会議においては多数決ではなく、審査員全員一致でなければ通過することができないという厳格な審査を行っています。

スポンサードサーチ

エンジェル税制とは

エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資促進のため、ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇を行う制度です。 FUNDINNOでご紹介するベンチャー企業の中で、エンジェル税制の対象となる企業に投資した際には、投資した金額に応じて所得税の優遇措置が受けられます。

  • FUNDINNOでご紹介する企業がすべてエンジェル税制の対象となる訳ではありません。
  • FUNDINNOでご紹介する企業がエンジェル税制適格企業である旨の確認は、当該企業がエンジェル税制事前確認制度を利用している場合以外は申請後の当局の判断となります。
  • 過去のエンジェル税制申請企業一覧および、エンジェル税制に関するFAQはこちらをご覧ください。

株主コミュニティとの連携

FUNDINNOではみらい證券と業務提携を行い、株主コミュニティとの連携を企画しております。 株主コミュニティは、地域に根差した企業等の資金調達を支援する観点から、非上場株式の取引・換金ニーズに応えることを目的として、2015年5月に創設された非上場株式の流通取引・資金調達の制度です。 株主コミュニティについて(日本証券業協会HPより)
株主コミュニティが組成されることで、投資家は株式投資型クラウドファンディングや相続などで取得した未上場株式の売買の場を確保することが可能となります。 また、事業者は株主コミュニティ銘柄としてコミュニティが組成されることで、コミュニティ内での資金調達などができるようになります。 なお、株主コミュニティ銘柄の取引は当該株主コミュニティ銘柄の参加者間又は参加者と運営資格を持つ証券会社との間でのみ行うことができます。

スポンサードサーチ

株式投資型クラウドファンディングで購入される株式のデメリット

  1. 非上場株式なので、換金性が著しく劣ります。
  2. 元本が保証されているものではありません。
  3. 配当金の支払いが約束されているものではありません。
  4. 株式に譲渡制限がついている場合があり、売買をしても権利の移転が認められない場合があります。
  5. 株式価値が失われるおそれがあります。

さらに、詳しく知りたい

クラウドファンディングと言えば、
購入型、寄付型、投資(ファンド)型、貸付型、株式投資型に別れ、
全体の市場規模は1,000億円以上となっております。
また、本プロモーションであるFUNDINNOに関しては
2017年3月より始まった、
日本初の株式投資型クラウドファンディングとなっており、
2017年度の実績で言うと、市場規模は5億1,474万円となっております。

クラウドファンディング全体の市場規模から見ると
まだまだ小さな市場では御座いますが、
始まったばかりだと言うことと、
2018年2月時点では、既に約2億811万円の資金が集まっていることもあり、
このままいくと、今年度は前年比2倍の市場規模になるとも予測されております。

また、上記以外に株式投資型クラウドファンディングが人気の理由は
以下のメリットがあるからになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・個人が非上場株式に投資が出来る(上場やMAされれば、数倍の資産を受けられる)
・ベンチャー企業をスタート当初から応援できる
(長期投資になり、景気を気にする必要ない、未来の有望企業の株主になれる)
・エンジェル税制の優遇を受けられる
(ベンチャー企業への投資を促進するために
ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇を行う制度です。
投資した金額に応じて所得税の優遇措置が受けられます。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最新の案件はこれです。申し込み開始は6月8日9:00の予定です。よい案件はすぐに終了しますので、早めに対応するのが良いです。この案件、画像を見ると、なかなかの技術です。ここまで、鮮明化できるとすごいの一言です。

https://fundinno.com/projects/71




ファンディーノ
日本初の株式投資型クラウドファンディング

Please follow and like us:
error

Related Post

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial