グローバルに使える、格安スマホはどんな機能が必要か、最近の進化に乗り遅れないための機能について考えてみましょう

シェアする

にほんブログ村 海外生活ブログ プーケット情報へ にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へにほんブログ村 ネットブログ ポータルサイト・インターネットメディアへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活の豆知識へ にほんブログ村 投資ブログ 投資で海外セミリタイア生活へ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
さとふる bookee ピーチェック! カンファペット マンガ王国 マンガ王国

グローバルに使える、格安スマホはどんな機能を優先にするか

グローバルに使える格安simfreeスマホを選ぶとき何を基準に選べばよいのか悩みます。それは、近頃スマホの性能が急激に進化してきたからです。その進化のスピードに合わせるには、いつまでも持ち続けるのではなく、よりコストパフォーマンスの良いものに替えていくのが、お得でエコだと思いました。そこで、どのような基準で替えるのか、私の選択プライオリティーを紹介したいと思います。

第1はコスパ

コスパです。何と言っても価格ですよね。私は、スマホは道具と割り切っていますので、デザインや見栄でブランドは選びません。この考え方は、人によります。高くても、デザイン性を重視する人、値段ではなく、スマホは絶対国産と疑わない人、iphoneでないとだめな人、純粋に品質製能重視の人がいると思います。それは、それで一つの考え方です。

私は、エコライフに徹していますので自分の経済基盤と、エコでシンプルな生活の考え方から考えるています。

スマホの値段は、端末によりおよそ1万円から12万円ほどの価格バリエーションがありますが、私が選ぶのは価格として3万円台が上限です。その価格で買えるもので、もっともコスパがいいものを選びます。

第2はメモリーとコア

基本性能は 4G RAM以上+64G ROM以上 CPUはオクタコア(8コア)以上、オクタコアが普通になってきた、この進化は早いです。つい少し前、デユアルコアで良いと思っていたら、あっという間にクワッドコア(4コア)となり、今はオクタコアの争いになりました。いくらやすくても、サクサク動かなければストレスがたまってだめです。

第3はバッテリー容量

バッテリーは 3000mA以上、最近は5000mAがでてきました。どんなに高いスマホでも、バッテリー寿命は同じです。とすると、容量の大きいものがいいに決まっています。最近の飛行機はUSB充電ができる機種が多くなってきましたが。それでも移動があっても2日は持たせたいと思います。以前の2300mAの時代は終わりましたね。海外では、道に迷わないようにgooglemapを動かしっぱなしにすることがおおいので、電力消費が早いです。アット思うと、電話が掛けられなくなって困ってしまうことがありました。

第4はDSDSかDSDVで3スロット

グローバルにつかうためにはDSDSかDSDVはぜひほしい。 SDカードとは分離の3スロット SIM1に国内格安SIM、SIM2に旅行やロングスティ滞在する国のSIMを入れます。アジアなどではまだDSDSで大丈夫ですが、最近はDSDV機種がでてきましたので、それならなお良いです。SDカードは別スロットでなければだめです。DSDSやDSDVなのに、2スロットでは、その機能は生かせません。iphoneにはもともと外部メモリー、SDはつきませんが、アンドロイドはSDカードを使うことで、もともとのRAMが小さくてもアプリをたくさん入れることができますし、写真をたくさん保存できます。最近は1テラのSDカードを入れられるものもでました。まさに、小さなパソコンとして使えます。

第5はLTE(4G)受信バンド

グローバルに活用するには、受信可能バンドが多いものがいいです。海外出張や海外旅行でDSDSをよしとしても、自分が行く国で使えないのでは意味がありません。受信可能バンドが多いものが良いです。これはiphoneにはかないませんが、狙いは、アメリカとアジアで使えるバンドが両方とも入っているものが良いです。狙いはB1、B2、B3、B4、B8、B19がある端末です、これだと、アメリカ大陸、アジア、ヨーロッパで使えます。B2、B4がアメリカ、カナダです。日本はプラチナバンドを含めてB1、B8、B19、ヨーロッパ、アジアはB1、B3、B8でOKです。これは注意してください。B

第6はOTG機能

OTG機能、は必須です。USBメモリーやマウス、キーボードなど、まるでパソコンのようにつなげられます。これがあれば、写真ファイルの移動は簡単です。SDカードも大容量1Tが入るものが出てきました。まるで、パソコンのように使えますが、その大量のデータを簡単に移動させるにはOTGは必須です。PCを持たずに、大容量マイクロSDで海外で使うのが便利です。

これらの機能をお勧めスマホで比較してみましょう。

比較するのは
モトローラ moto g7

エイスースZenfone Max(M2)ZB633KL

ウイコージャパンwiko g08

OPPO R15 Neo(RAM 3GB/4GB)


p30lite (RAM 4G)

価格 メモリー

CPUコア

バッテリー DSDS

DSDV

スロット

LTE受信バンド USB

ホスト

OTG

機能

モトローラ

moto g7

30240

 RAM:4GB

ストレージ64GB

Qualcomm® Snapdragon™ 632(SDM632)
1.8GHz × 8 オクタコアCPU

3,000

mAh

DSDS

トリプルスロット

1,2,3,4,5,7,8,19,

20,28,38,40,41

(13バンド)

Wiko g08 23800

RAM:4GB

ストレージ64GB

Snapdragon 430 MSM8937

オクタコア

3000

mAh

DSDS

トリプルスロット

1,3,5,7,8,18,19,

20,26,28,38,41

(12バンド)

Zenfone Max(M2)ZB633KL 26500

RAM:4GB

ストレージ32GB

Googleドライブ 100GB (1年間無料版)

Qualcomm® Snapdragon™ 632 オクタコア

4000

mAh

DSDV

トリプルスロット

1,2,3,4,5,7,8,12,

17,18,19,26, 28,38,41

(15バンド) 

OPPO R15 Neo 19400

RAM:3/4GB

64GB

Qualcomm Snapdragon 45Cortex-A53 8オクタコア, 1.8 GHz

4230

mAh

DSDV

トリプルスロット

1, 2, 3, 4, 5, 7, 8,

18,19, 20, 26, 28,

38, 39, 40, 41

(16バンド)

HUAWEI

p30lite

32605

RAM:4GB

ストレージ64GB

Hisilicon Kirin 710

Cortex-A73 x4 & Cortex-A53 x4 8オクタコア, 2.2 GHz

3340

mAh

DSDV

2スロット

1,3,4,5,8,34,

38,39,40,42

10バンド

比較すると、Zenfone Max(M2)ZB633KLOPPO R15 Neoがコスパが高いですね。

OCNモバイルONEのセールだとZenfone Max(M2)ZB633KLはセットで購入すると安いですね。

OCN

OCN

Please follow and like us:
error

Related Post

videocash trivago

シェアする

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial