モトローラ、Motorola からDSDS端末6月に発表、ハイスペックでアメリカ軍の通信機で鍛えられた堅牢なスマホ、RAM4Gでサクサク、OTGも可、海外でエコナセイカツ(生活)活用

Pocket

スポンサードサーチ

モトローラってどこのメーカー

モトローラは1928年にポール・ガルビンとジョセフ・ガルビンの兄弟がアメリカ、シカゴで起業して携帯ラジオの製造メーカーとして出発し、2年後には世界初のカーラジオを開発しました。その後、1936年になると警察巡回用無線機を、1940年には太平洋戦争でアメリカ軍に採用された無線の名機、ハンディ・トーキーを開発し通信機器メーカーとして知られています。

NASAもアポロ11号計画で使用したことで知られる、宇宙から戦地まで“最前線”の通信機器として採用されるだけの堅牢さと安定性を誇りながら、技術革新を怠らず、トランシーバーやテレビ、半導体や音声記録機器、携帯電話基地局にいたるまで、無線通信分野で様々な製品を世に送り出してきたモトローラなのです。しかし、アップルやサムソンにシェアを奪われ、経営が悪化しgoogleに買収された後、現在モトローラ・モビリティは、中国、レノボ傘下の企業となっているののは驚きです。戦場で使われる無線機であることからも、その強さは定評がある会社です。日本のシャープも台湾の手におち、アメリカのモトローラも中国の手に落ちていたんですね。上で述べたように実績と歴史のある会社ですから、スマホの堅牢さも信頼がおけます。

モトローラ・モビリティは日本での「SIMフリー販路拡大」のために、新機種を投入してきたわけです。

SIMフリースマートフォン全盛期の昨今にあって、熱心なラブコールを集めているのがDSDS「デュアルSIM/デュアルスタンバイ」タイプのスマートフォン。それもそのはず、SIMカード2枚が挿せるだけではなく「同時に待ち受け状態にできる」機能がとても便利なんです。いちいちSIMカードを切り替える手間がないため、操作感がスムーズで大事な連絡を見逃す心配もありません。「データ通信専用」や「海外専用」など、様々なタイプのSIMカードを自由に選んでカスタマイズできる点も、スマホが手放せないビジネスパーソンが注目しているポイントです。スロットはSIM1+SIM2+SDのトリプルスロットで、入れ替える必要はありません。

OCNでいまだけ、発売記念特価

いま、OCNモバイルONEでは発売記念特価でMotog7 power、Motog7、Motog7 plusの端末を売り出しています。

motoを買うならこの発売記念特価で買うのがいいですね。OCNモバイルONEでは6か月間縛りで「音声+データ」とのセットで買えます。新しい電話番号ももらえますので、この機会に購入するのもよいでしょう。選んだSIM容量で、6か月縛りの料金と、AMAZONの価格を比較してみてください。

後で、AMAZONでの端末のみの価格もリンクします。Motog7 power、Motog7、Motog7 plusのどれを選ぶかは価格と相談ですが、plusよりやや性能が落ちますが、コスパがいいのは「Motog7」です。

スポンサードサーチ

OCNモバイルONE/OCN光OCNモバイルONE/OCN光

スペック motog7のスペック

対応OS Android™ 9.0 ※1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 632(SDM632)
1.8GHz × 8 オクタコアCPU
Adreno 506
メモリ 搭載容量 ※2 4GB
バッテリー容量 3,000mAh ※5
ディスプレイ
6.24インチ、 2,270 x 1,080(フルHD+、 403ppi) LTPS液晶

カメラ
アウトカメラ:1,200万画素(f/1.8、1.25μm) + 500万画素デュアルカメラ、PDAF(位相差オートフォーカス)、LEDフラッシュ
インカメラ:800万画素(f/2.2、 1.12μm)

Bluetooth®(対応バージョン) Bluetooth®4.2
Wi-Fi(対応通信規格) IEEE802.11 a / b / g / n(2.4GHz / 5GHz) ※3

スポンサードサーチ

通信方式及びバンド

FD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/19/20/28
TD-LTE:Band 38/40/41
W-CDMA:Band 1/2/5/8/19(Band 6を内包)
GSM:850/900/1800/1900MHz帯

外部メモリ microSD

SIMカード(サイズ / スロット) nanoSIM / 2(DSDS デュアルSIMデュアルスタンバイ) ※4
サイズ / 重さ 高さ約157mm x 幅約75.3mm x 厚さ約7.92mm(最薄部) / 約174g
本体付属品 USB充電器、USBケーブル、ヘッドセット、カバー、SIM取り出しピン、クイックスタートガイド、LG(法令 / 安全 / 規制)
※1製品の生産時期により記載されているプラットフォームより新しいバージョンが搭載されている場合があります。
※2メモリの増設や交換はできません。
※3電波法により、5GHzは屋内使用に限ります。
※4両者LTEサポート(LTEは同時に1つのSIMスロットのみ利用可能)。
※5電池は劣化します。記載した電池能力は、新品状態でのパフォーマンスとなります。
掲載製品の仕様・性能は予告なしに変更する場合がありますのでご了承ください。
画像はすべてイメージです。実物と若干異なる場合があります。

本端末はFOMA SIMカード(3G通信のみのSIM)には対応しておりません。

MOTOROLA、図案化された M ロゴ、MOTO、および MOTO ファミリのロゴは、Motorola Trademark Holdings, LLC の商標または登録商標です。
Bluetooth®は米国Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。
Androidは、Google LLCの商標または登録商標です。
microSDTMは、SDアソシエーションの商標です。
Wi-Fiは、Wi-FiAllianceの商標です。
その他会社名、各製品名は、各社の商標または登録商標です。

日本で2019年6月7日に発売されました。特記すべき特徴は

DSDSである(独立3スロットです)
RAMが余裕の4Gで内部ストレージ64Gこのクラスでは十分な容量です。サクサク動きます
特徴はポートレートモードで背景を一眼レフカメラで撮ったようにぼかせる
急速充電ができる「ターボパワー」充電器です。これは早いです。ワイヤレス充電できます。(オプション必要)
OTG(USB オンザ GO)が使えます
顔認証、指紋認証使えます
タイムラプス、スローモーション動画が撮れます

スポンサードサーチ

アメリカに旅行する人、アメリカで長期滞在する人には便利な端末です

さすが、アメリカで生まれたモトローラだけに、北アメリカで使われているバンド2、バンド4、バンド5などが使えるようになっていて、AT&T、T-Mobile、Verizonなどアメリカキャリアで使えます。

アマゾンの端末だけ価格を比較してみよう

スポンサードサーチ

OCNモバイルONE/OCN光OCNモバイルONE/OCN光

Please follow and like us:
error

Related Post

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial