Lineの友達追加お願いします。QRコードを登録で更新の連絡を受け取れます
Add friend

グローバルでエコナセイカツのために、英語留学失敗しないよう、留学相談ならここは手数料無料、留学比較ポイントまとめました

Spread the love

School Withは日本最大級の留学総合サイトです。

英語圏の8カ国を中心に一人ひとりにあった留学先をご提案します。

せっかく留学するなら、比較して決めることが重要です。安いけど、結局ものにならなかったら無駄に終わってしまいます。比較ポイントを書きますので、これをもとに探してみてください。

期間はどのくらいがベスト

期間はもちろん長いほうが良いのですが、1か月はビザがほとんどいらない国がおおいですが、長くなると、ビザが必要になります。また、海外で年間に185日以上滞在となると、日本での税金はかからなくなるので、確定申告をしないでよくなりますが、そのための届が必要になります。学生は休みの間の期間とか、社会人は休暇が取れる限度までとかなると、3週間、4週間ぐらいが多いのではないでしょうか。「ワーキングホリデー」で行くことができれば1年間の長い期間の滞在ができます。一般的には3か月ぐらいあるといいと思います。

総費用には航空運賃も考える

どうしても予算は外せません。実際留学効果が出る3か月程度で考えてみると、最も安いのはフイリッピンで35万円程度からで、地中海のマルタでは60万円ぐらいでしょうおおよそ、2倍程度の開きがあります。

ただ、これも、部屋によります。若い人は2人や4人部屋でもよいでしょうが、ある程度の歳になってくると、一人部屋ということになるので、当然高くなります。

また費用には、現地までの航空運賃は別ですので、それも考えなくてはなりません。遠ければ当然航空運賃も高くなります。そのトータルが費用ということになります。

英語がネイティブ

英語留学を受け入れている国は英語が母国語か、公用語のところがほとんどです。英語がネィテブであることが一番ですが、フイリッピンなど、公用語として英語を使っており、その発音もアメリカ英語です。フイリッピンは独立後にフィリピン語(タガログ語)と英語による二言語併用教育政策を取り、ほとんどの人たちが英語を理解し話せます。行ってみるとわかるのですが、日曜のミサなども牧師が英語で話しをする時があります。店の名前や広告などもほとんど英語で、タイやベトナムとは大きく違います。

治安や衛生面の良さ

留学の場合は、どこの国に行っても日本以外は安全ではありません。留学を考えるなら、危機管理意識をしっかり身に着けることです。

マンツーマンかグループかスマホの「ながら歩き」など持っての外です。留学だけでなく、海外に行くなら、常に緊張感が必要です。基本的には、学校と寮の距離間など調べておくことが必要です。もし離れているなら、スクールバスがあるところを選んだほうがよいでしょう。また、学校のコミュニティエリアが狭い地域ならば安全性は高いです。例えば、フイリッピンでいえば、マニラより、セブ。セブよりドーマゲッティというように田舎のほうが安全です。

「マンツーマンレッスン」と「グループレッスン」

これは、年齢にもよると思いますが、一人ひとりのレベルは違いますので、マンツーマンのほうがわかりやすいです。ただし、グループレッスンが全くないと、他の人との比較ができないのと、コミュニケーション力はどうしても必要なので、グループレッスンも必要です。マンツーマン100%でなくてもよいですが、マンツーマンの比率が7対3位いが良いのではないかと思います。

「TOEIC スコアUP」など目的に合っているか

自分の目的が、何であるかによりますが、英会話力でなく、TOEICスコアUPが目的なら、しっかりとしたカリキュラムを持っているところを選ぶべきです。TOEICのスコアが高い教師がいる場所を選んだほうがいいでしょう。カリキュラムを見れば、TOEICに適したものかすぐにわかると思います。テキストが古いものを使っている学校もあります。テキストもチェックしてください。最新のTOEICの出題に適した教科書でなくてはなりません。また、週に1回は実践のテストを実施してくれる学校を選んでください。TOEICは実践で、あの長いテストに慣れなければなりません。

「ワーキングホリデー」が使えるか

ワーキングホリデーが使える国、例えばオーストラリアなどでは、アルバイトが可能になる国があります。現地で働ければ、費用補充の面でも、実践英語習得の面でもプラスです。しかし、年齢は18歳から30歳までです。ビザが関わるため、ワーキングホリデーで就労許可がでるのは1年以下で、期限があります。また定員があり、申請も費用も必要です。オーストラリアでは、1年目の6か月間の就労の後に、セカンドワーキングホリディーという制度もあります。オーストラリアでの最低賃金は高く14.64ドルもあり、日本でのアルバイトより高い賃金です。そのほか海外でのインターンで働きながら英語を0円で学ぶなんてのもあります。

日本人ばかりは?

日本人ばかりの学校は避けたほうがいいです。どうしても日本人と話してしまうからです。やはり、本気で英語力を高めるならばどっぷりと英語環境につかることが重要です。また、留学にはもう一つ学べるものがあります。グローバルな多様性です。日本の中だけで生活していると、常識が、ガラパゴスな日本の常識だけになってしまいます。世界には全く逆の習慣や常識が存在します。グローバルなコミュニケーションを重ねることで、多様な文化を知り理解を示すことができるようになります。それがグローバルな多様性なのです。これは留学してこそ得られる貴重な体験です。

「留学用の保険」は必要

海外での病気やケガで病院にかかると、健康保険に入っているわけではないので、大きな出費が出ます。手術などになると数百万円かかる場合もあります。そのため、海外旅行保険や、留学保険は必須です。旅行保険は3か月までですので、3か月を超える保険はかけられません。留学保険をうたっている会社では、3か月を超えての保険を掛けることができます。3か月を超える保険は結構高いので、その出費はあらかじめ入れておかなければなりません。よく言われるのは、「カード保険がかかっている」からということですが、絶対額が低いです。また、そのカードで留学決済をしないとダメな場合もあります。いくらまで出るのか確認しておいてください。

最近のトレンドでは親子留学というのが多くなりました

親子で留学して子供には現地校で英語体験と異文化交流、親は子供を預けて英語の授業を受け、週末は親子でリゾートで楽しむというのが多いのです。日本もいよいよ小学校では英語教育が始まりますので、少しでも早く英語体験させることで、学校での英語授業で余裕が持てるのです。実は、親よりも子供のほうが圧倒的に吸収力が高く、それが将来にわたって有利に働くことを考えると。グローバルな子供に育てていく一歩になると思います。セブ島親子留学


AIG海外留学保険School With4つの特徴

1.日本最大級の口コミ数
留学経験者の口コミが多数掲載。
自分にあった留学先を見つけるための情報が豊富です。

2.お申込みまですべてオンラインで完結
留学先の選定からお申し込みまですべてオンラインで完結。
世界中ドコにいてもいつでも留学の相談(説明会や個別相談)が可能です。

3.診断機能で自分にあった留学先をみつけよう!
「オススメの国都市診断」や「フィリピン学校診断」で自分にあった留学先がすぐに見つかります。
膨大な留学経験者のデータを持っているSchool Withだからこそ実現できる機能になります。

4. 代理店手数料が無料

専門のカウンセラーが国・都市、学校選びから渡航までを無料でサポートいたします。
学校に直接申込まれる場合と費用は変わりません。
またクレジットカードでの決済も可能です。

語学留学の口コミ投稿(留学経験者向け)でアマゾンギフト券がもらえます

語学学校の口コミ投稿者全員が、下記の特典のどちらかを1つ好きな方を選択してもらえます。
・Amazonギフト券500円分
・オンライン英会話(7日間受け放題)+コイン2倍
※特典詳細:https://schoolwith.me/review_campaign
※承認対象
過去5年以内に、下記欧米7カ国のいずれかの「語学学校」へ留学された方の口コミに限ります。
(アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・アイルランド・マルタ)


留学保険はこちらで比較してください。

留学保険エアチケットはSKYチケットでまず調べてください
驚きの価格!海外格安航空券 スカイチケット

LLCキャリアがすぐ出てきますので、最安値を知ることができます。そのうえでエアトリなどと比較してください。



エアトリ

ベトナム実践型インターンシップというのもあります。ハワイ親子留学も


Spread the love