スポンサーリンク
このボタンをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントをLINE友だち追加できます。
Add friend
このボタンをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントをLINE友だち追加できます。
Add friend

グローバルにエコナセイカツのために、1円端末あと少しで終わり、OCNモバイルONEのZenFone Max(M2)がいい

スポンサーリンク
OCN
エコな生活
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク
このボタンをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントをLINE友だち追加できます。
Add friendrakuten不織布三層構造マスク
OCNモバイルONE/OCN光ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」読み放題OCNモバイルONE/OCN光
暮らしに関するお困り事を素早く解決!【生活110番】
スポンサーリンク
このボタンをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントをLINE友だち追加できます。
Add friend不織布三層構造マスク

1円端末あと少し、売り切れが多くなってきました。

OCNモバイルONEに総決算セールがすごいですね。セールで1円端末がいいです。1円端末と言っても、機能はとてもよいですよ。

OCNモバイルONE/OCN光

OCNモバイルONE/OCN光

高いスマホを買っても、バッテリーの劣化期間は同じなら、実用的なスマホを乗り換えるのが良い

スマホは、今や手放せない毎日使うツールで、エコに乗り換えていくのが良い方法です。

リチウムイオンバッテリーの劣化が始まるのも、500回程度の充電サイクルです。500回だと毎日充電するとすると1年半ぐらいです。あとは使い方で、2年から3年は持ちます。

次第に炭素電極の劣化により、分子構造が変わり、イオンを納められなくなり、収容されるリチウムイオンの量が減っていき、バッテリーの持続時間が減っていくことになります。

またリチウムイオン電池は高い温度に弱く、自動車のダッシュボードなどの45度以上になる場所では、劣化は著しいです。15度位の低温での保存がいいのです。

たとえば、よくやってしまう、充電しながら使うと、温度が上がるため劣化が早くなります。

防水仕様のスマホとなるとバッテリー交換費用も高い

格安スマホの場合は、スマホ修理屋などではおよそ5000円から10000円、防水仕様のものは、ケースを開けるのが大変なので、高いです。

自分で裏蓋を開けられて、バッテリーが外せるものであれば、バッテリーをamazonで購入して自分でやるのが一番安いです。が、この費用を出すなら、OCNモバイルONEで1円スマホセットを購入するのがエコだと思いませんか。

1円スマホをセットで購入すると

★端末価格 1円
★初期手数料 3000円(税込3300円)
★1か月あたり1GB 1180(税込1298円) 3GB 1480円(税抜)
★SIMカード発行手配料 394円(税抜)
★オプション 10分かけホーダイ 850円(税抜)(これは、入りたい人だけ。でも、便利ですよ。10分で切れるアプリを入れておけば、そこで切れるので、かけなおせばまた10分で何度でもかけられます。google playで検索するといろいろあります。)

これだけでとりあえず新しいスマホになります。合計5842円
いままでは最低利用期間は6か月間でしたが、新コースでは最低利用期間もありません。

端末1円は嬉しい。でも1円の端末なんて使えないんじゃないの?

言ってみれば、5842円、バッテリー交換料金で、バッテリー新品、スマホ新品になるわけですから、いま、バッテリー充電に不安があるなら、キャンペーン中に購入するのがとてもリーズナブルなのです。

1円というと安かろう悪かろうで、使えない端末じゃないの?と怪しむ人もいるかもしれません。

お勧めの1円スマホを説明しましょう。これがなかなか機能充実でコストパフォーマンスに優れたいい端末なんです。

覚えていると思いますが、前は、キャリアのショップに行くと、1円端末はざらにありましたが、あの時は、2年拘束が当たり前で、2年間キャリアに拘束されると、実は高い端末を買わされていたことになっていました。複雑な、料金組み立てで、月額料金で十分回収されていました。

音声SIMとのセットの場合でのセール価格ですが、とてもエコです。実際にかかる料金が明確です。ここは、5Gの端末が出そろい、SIMの価格が安定してくるまで、使うにはもってこいだと思います。

ZenFone Max(M2)

 

プラットフォームAndroid™ 8.1(ピュアAndroid
CPUQualcomm® Snapdragon™ 632(オクタコアCPU)
メモリ 搭載容量  / 仕様4GB / LPDDR3
バッテリー容量 / 充電時間4,000mAh / 約2.6時間
ディスプレイ6.3型ワイド IPS液晶(LEDバックライト)、解像度:1,520×720ドット(HD+)
内蔵ストレージ32GB
Googleドライブ:100GB(1年間無料版)
カメラアウトカメラ:1,300万画素カメラ内蔵(メインカメラ)、200万画素カメラ内蔵(深度測定用)、LEDフラッシュ
インカメラ:800万画素カメラ内蔵
Bluetooth®Bluetooth® 4.2
Wi-FiIEEE802.11b / g / n(周波数帯域:2.4GHz)
通信方式FDD-LTE:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B26 / B28
TD-LTE:B38 / B41
キャリアアグリゲーション:2CA ※6
W-CDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
GSM / EDGE:850 / 900 / 1,800 / 1,900MHz
USBポートmicroUSB × 1 OTGサポート
SIMカードスロットnano-SIMスロット × 2 DSDV
カードリーダーmicroSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオマイクロホン、ヘッドホン・コンボジャック × 1
サイズ / 重さ高さ約158.4mm × 幅約76.2mm × 奥行き約7.7mm / 約160g
本体付属品USB ACアダプターセット ※11、SIMイジェクトピン、ZenEar、ユーザーマニュアル、製品保証書

ピュアアンドロイドですよ

スペックを見ると、すごい機能ですよね。Android™ 8.1(ピュアAndroid)は最新の9ではありませんが、ピュアですよ。中国ハーウェイのように独自アンドロイドでは、アメリカが言うように、何が仕込まれているかわかりません。これは、台湾ASUS(エイスース) ですから大丈夫です。

バンドが15もありアメリカも使える

しかも、海外で利用するにはバンドが多いほどよいのですが、15バンドもあり、アメリカを含め、ヨーロッパ、アジア大丈夫です。

しかも、DSDVですよ。

SIMスロットどちらでもLTEが使え待ち受けできます。いまや、アジア途上国でもLTEは普通になってきたので、DSDVはありがたいです。

スマホは、ツールとして考え、自分の生活スタイルにあったものをエコに活用する

重要な機能には上の表にカラーマーカーをつけました。

スマホは発展途上と考え」、高いものを買うのではなくツールとして、自分の生活スタイルにあった機能を選び、エコに購入するのが良いと思います。パッケージもスマートです。包装は日本の製品のようにしっかりしています。以下に写真を載せます。

 

OCN、1円スマホの3種で比べてみました。

RAM/ROM は最近は多くのアプリを使うので、それでもサクサク動くためには、多ければ多いほど良いです。理想は4G/64GBだがこの中では4GRAMのZenFone Max(M2)が良い

バッテリーは重さとの兼ね合いがあるが大きいほうが良い、この中では5000mAのZenFone Max(M1)が良いです。

スロット数は SIM1、SIM2、SDが3スロットで入れられないと写真等データを多く入れておけない。HUAWEI nova lite3は2スロットしかないので困ります。

DSDV DSDV(デュアルSIM、デュアルVolte)は二つのSIM両方ともLTEで待ち受けできる。海外によくいく人は必須の機能
どんな、シーンで活用できるかというと、日本から、海外出張のときにSIM1に日本の格安SIMをいれ、SIM2には、アマゾンなどで購入した海外用SIMをいれておきます。もちろん海外現地についたら、空港、コンビニなどで、現地SIMを買いSIM2にいれてもいいのですが、税関のまえに現地エージェントに連絡を取るためには、日本で買っていったほうが良いです。

OTG USBオンザGOでこの機能があると、外部のUSB機器が使える。たとえばUSBメモリー、キーボード、マウス、USBハブなどだ。これはとても便利な機能。

ここにしたのUSBメモリーをつなぐだけで、大量のデータを動かせます。とても便利です。

もちろんUSBでキーボードもつなげます。

OTG機能あり

カメラ機能は、カメラの画素数が多いものが良いです。HUAWEI nova lite3はインカメラに1600万画素で自分撮りに特徴を持たせたのだと思います。

LTEバンド数 海外によく出かける人は、世界のどこでもその国の電波を受信できる必要がある。受信機能があれば、その国で買ったSIMを入れれば通信ができる。なるべく多くのバンドを受信できるものが良い。この中ではバンド受信できる ZenFone Max(M2)が良い

下に表でポイントをまとめました。

トータルでポイントが高くおすすめできるのは ZenFone Max(M2)とZenFone Max Pro(M1)です。スロットが二つのNova lite3は海外によくいく人にとっては困ります。

ただし、インカメラの画素が高く自撮りを外せない人にはいいかもしれません。

このクラスで、DSDVでバッテリーが4000mAと5000mAでバンドも網羅しています。海外出張などが多い人は、サブ機としてもいいですね。

私は、グローバルにエコな生活を送ることが多く、RAMが4Gのほうが、サクサク動くのと海外によく出かけるのでLTEバンド数が多いほうのZenFone Max(M2)選びます。M1とM2ではM2は2019年発売で新しいものです

※マーカーが入っているものが、3種の中で機能が一番をあらわしています。

RAMROMバッテリー容量スロット数DSDVOTGLTE

バンド数

アウトカメラインカメラトータルポイント
ZenFone Max(M2)4GB32GB4000mA3151300/2008006
ZenFone MaxPro(M1)3GB32GB5000mA3131600/5008006
HUAWEI nova lite33GB32GB3400mA281300/20016004

OTG、DSDVにいては、こちらも読んでください。

優先すべきスマホの機能についてはこちらをご覧ください

ZenFone Max(M2)ZB633KLについてはこちらで詳しく書いています。

いかがですか、1円スマホいいですよね。気に入りましたらぜひこのサイトからご注文ください。シエアもよろしく。

期間があと少しなので、売り切れ商品が出ています。急いだほうがいいでしょう

 

OCNモバイルONE/OCN光OCNモバイルONE/OCN光

タイトルとURLをコピーしました