Lineの友達追加お願いします。QRコードを登録で更新の連絡を受け取れます
Add friend

格安スマホ、格安SIMのデメリットとメリットもう一度チェック比較してみよう格安スマホでは「OCNモバイルONE」の海外、フランスの「gooのスマホg08」がエコナセイカツ(生活)におすすめ、OTGも

Spread the love

格安SIMはデメリットを理解して使うと効果的です。よく言われているデメリットを上げてみましょう。

  • 家族割や定額プランがない

この問題は、格安SIM業者においても意識されかなり近いプランができてきています。例を挙げると「OCNモバイルONE」のオプションは家族割にかなり近づいているようです。

OCNモバイルONE

10分カケホーダイの定額オプション(月額850円)昨年(1997年)まで、5分が主流でしたが、OCNが10分カケホーダイを出してから、楽天モバイルも2018年6月から、5分から10分に替え10分が主流になりました。1通話10分以内なら何度でもカケホ-ダイです。10分あるととりあえずまとまった話ができますし、一度切ればまたかけられますので、何度も繰り返せば、ずーっとかけ続けられます。

スマホでは、便利なアプリがいくつもあります。「通話時間タイマー」というものです。googleplayを検索するといくつも出てきます。私もその中の一つを使っていますが、とても便利です。10分制限であれば9分30秒(自由に選択)ぐらいでバイブが働いて知らせてくれて、9分45秒(自由に選択)で自動で切断できます。バイブはこちらだけなので、相手にはなぜ切れたかわかりません。どうしてもさらに話す必要があるならば、「電波悪かったみたいですね」と言ってもう一度かけなおせばよいだけです。何度でも使えます。この写真がそのアプリです。見てもらうととわかりますが設定はとても簡単です。時間設定を行うだけです。

OCNモバイルONEの新オプション

従来の10分「かけ放題」は、だれにでも10分「かけ放題」です。(850円)基本的にこれだけオプションをつければ上のアプリを使うことで、まず電話代がかかることはありません。しかしOCNは進化した「かけ放題」を追加してきました。「かけ放題ダブル」はすごいですね。これをつけても、キャリアのかけ放題より全然安いと思いませんか。

トップ3かけ放題(月額850円)

国内通話相手電話番号別合計額の上位3つの電話番号あての通話を自動で判別し、かけ放題扱い(通話料0円)とするサービス。家族との通話が長くはなると思うのですが、時には、仕事の関係で長く話してしまう場合が出てきますが、家族だけでなく、自動でトップ3を選んでくれるというのは便利です。
さらに

カケホーダイダブル(月額1300円)

10分かけ放題/トップ3かけ放題の
両オプションが安価な月額セット料金で提供するサービス。
10分を超える通話先の上位3番号が0円に、他の電話番号あて通話を10分かけ放題適用とする。これはなかなか良いオプションです。10分カケホーダイとトップ3かけホーダイ2つを別々にしたら1700円ですが、それが1300円になるので、かなりお得だと思います。

OCNモバイルONE/OCN光

  • 故障した時のサポートが心配

たしかにサポートは大切ですよね。誰もが機械に詳しいわけではないですからね。キャリアから格安スマホに替えたときに誰もが心配になることですよね。

OCNモバイルONEでは次のオプションでサポートされます
マイセキュア―

「スマホのセキュリティー対策」月額250円でマイセキュアによるガードができます。

フィッシング詐欺サイトをブロック。ウイルスから守るアプリのスキャンができます。さらにスマホをなくした時に盗難紛失時の位置情報検索や、リモートロック、リモートワイプ(端末を初期化)、リモートスクリーム(サイレンを鳴らす)ことができます。利用開始月額は無料だそうです。

あんしんモバイルパック

あんしんモバイルパック(640円税抜利用開始月無料)はスマートフォンもしくはタブレット端末1台の電話および遠隔操作によるサポート機能(「OCNプレミアムサポート for スマートフォン」)、セキュリティ対策機能(「マイセキュア(1ライセンス)」)およびデータのバックアップ「マイポケット(1 ID 128GB)」をまとめておトクにご利用いただくためのパッケージサービスです。この価格で、あんしんサポートがパックになっているので、単独でマイポケット、マイセキュアなどをオプションで付けるよりとてもお得なサービスです。

端末のサポート

端末各種設定各種アカウント登録、端末本体の各種設定、各種アプリの設定をフリーダイアルの電話やリモートにてサポートしてくれます。

活用方法の相談も「フリーダイアルの電話サポート」をやってくれるので、今まで電話一本だった方や機械苦手でスマホの敷居が高かった人にも優しいサポートです。最近の格安SIM業者は電話サポートはなかなかやってくれません。メールだと日数かかるし、チャットだと慣れている人でないと満足できませんが、電話で話せるのがいいですよね。ただし、フリーダイアルはお申込み後にお知らせするようです。

大容量データの保管もできます

データのバックアップサービスでは128GBの大容量でデータをクラウドで預かってくれます。このサービスにより、写真や各種データを保管しておくことができます。データはBUCKUPしておけば、自分のPCでも使えますし、PCからデータを送ることができるようになります。端末の故障や紛失時に大事なデータを次のスマホに移す時など大変便利です。

あんしん補償(月額500円で補償上限50000円)

スマホの画面割れ・故障・破損・水漏れなど…万が一のトラブルをサポートします。

申し込み条件は

OCN モバイル ONE 音声対応SIMのご契約者ご本人に限るということです。また90日以内にOCNモバイルONEのSIMカードを使用した通信記録がある方が対象になります。ということで、自分が用意した端末でも、OCNモバイルONEの音声SIMカードを使用していれば良いことになります。ただし日本国内で販売されたメーカーの正規品である端末と書いてあるので、海外版のSIMフリー端末はだめなようです。

ただ、画面割れや水没は確率が高いのであんしん保障はかけておくと安心ですね。オプションですからやめようと思えば翌月からやめられるので、新品の端末を購入したら2年ぐらい付けておくのが便利かもしれません。2年ぐらいたつと新しい端末に替えたくもなるし500円で24か月で12000円で守られるのなら良いと思いませんか。水没と画面割れはほんとに確率高いですよ。画面割れを修理してもらうと、安くても12000円から15000円はします。

  • 受信可能バンドや通信方式の違いに気を付けなければならない

ドコモ、ソフトバンクからOCNモバイルONEのような、ドコモ系バンドの格安SIMに替える場合は機種変でバンド対応が少ない端末に替えない限り問題は特に起こりません。問題が起こる可能性があるのは、auからの格安SIM乗り換えの場合です。

auでは3Gの通信方式がドコモとソフトバンクの世界的に主流のW-CDMA方式とは違いCDAMA2000を使っています。しかし、VoLTEという規格が開発されたため、VoLTEが搭載されていれば、VoLTEの英語の意味そのままで、音声通話をLTE(4G)で扱えるようにした通信方式でこれにより、auは3GのCDAMA2000バンド以外でもLTE(4G)のバンドを使い音声通話を可能にしているわけです。最近のau端末はほとんどVoLTEが搭載されているのですが、確認が必要です。

Voice over LTE( Voice over Long Term Evolution)

これは、以前にも詳しく触れていますのでリンクの方をみてください

国内「SIM解除」スマホのキャリアによる違い。受信バンド(周波数帯)に注意が必要

  • LINEでID検索ができない

LINEは格安SIMでは「年齢認証」ができないため、18歳未満の子供にはID検索ができないようになっています。キャリアは入会時に「年齢認証」を行っているため、LINEと連携しているということです。

しかし、ID検索をしなくても「QRコード」を使って認証したり、その場で双方が「フルフル」で登録できる。他の方法がありますので、ID検索ができないからとデメリットというわけではありません。昨今LINEを使う若者が多いため、会ったことのない人とLINEの交換ができてしまうと、出会い系のような存在になってしまいます。むしろ、簡単にID検索ができてしまうことの方が問題のように思います。

  • キャリアメールが使えない

キャリアをやめるのですから、当然といえば当然のことなのですが。キャリアメールのアドレスを使えなくなる。というのがいままで、キャリアメールを中心に使ってきた人には、大きな壁です。いわゆる 「docomo.ne.jp」「ezweb.ne.jp」「softbank.ne.jp」です。

でもよく考えてください

キャリアメールには添付ファイルに容量制限があります

短い連絡メールは問題ないのですが、添付ファイルなど送る場合容量制限がありますガラケーでは2から3メガぐらいで、スマートフォーンにしてもドコモでも10Mどまりです。最近の写真ファイルは画質がよいので軽く3Mを超す場合があるので、添付はかなり厳しいというのが現実です。一度には写真1枚送れるかどうかです。

Gmailやyahooメールを使うと25Mぐらいまでは送れるようになる

アンドロイド標準のgmailにすると25M程度の添付が送れます。もちろんyahooメールも同じです。25Mあれば写真も原版を送るのでも1度で4から5枚は送れます。もちろん、写真を小さくして送れば済むことなのですが、仕事では解像度の問題もあり原版を送る必要が多いので、困りますね。AndroidはGoogleが開発したOSなので、Gmailを使用するのが標準です。

アンドロイドではすべてがGmailに紐づいている

アンドロイドスマホを使い始めるときにGmailで認証すると「ブラウザ(グーグルクロム)」や「連絡帳」が紐づいているので、自宅のPCとすぐに同期された環境が整います。クロムのお気に入りも同期され、簡単にスマホを使い始められます。

メールアドレスの変更が面倒

メールアドレスの変更を伝えるのは、スマホを設定するときに自分のgメールを設定して、スマホの環境は整いますので、gメールの連絡帳にガラ系からの連絡帳を移しgメールにしてしまうのが

ガラ携から格安スマホに電話帳を送る方法

1 ガラ携の「電話帳」を開く

2 電話帳をSDカードなどに「全件コピー」する

3 SDカードの中に「vcfファイル」というファイルが書き出されます

4 このSDカードをPCでカードリーダーなどで読み取ります

5ガラ携の種類によりファイルがまとまっている場合と1つ1つに分かれている場合があります

6まとまっている場合はそれを添付ファイルとして格安スマホにメールで送ればよいです

7 1つ1つの場合は、これを結合するソフトを使います

8結合ソフトはVectorにあるフリーソフトを使ってください

9 結合されたファイルを格安スマホにで受信したらvcf(vcard)添付ファイルを開けば、格安スマホの連絡帳が出来上がります

これだけです。一度データを移行してしまえば、そのあとは、端末を替えても、連絡帳が紐ついているので全く簡単にデータを移行できます

「キャリアスマホ」から「格安スマホ」へ電話帳を送る

1 これも簡単です。

2 キャリアスマホでgmailを使っていなかった人はgmailアカウントを登録する。連絡帳は格安スマホでも使えます

すでにgmailアカウントを持っている方は、格安スマホで同じgmailを登録し連絡帳を開けば、同期された連絡帳が移行しています。

gmailアカウントを使えばアイホン iOS でも同じです

メールアドレス変更のお知らせはBCCを使う。全てをまとめずに何等分かにすること

あとは、どうしても知らせておかなくてはならない人に、BCCを使ってメールで知らせてください。この時不審メールと思われないように、To には自分の新しいメールアドレスを入れておいてください。また、数が多い場合でも、なるべく全員をBCCで送らず、何等分かにして送ってください。SPAMと振り分けられないためです。

ほとんどの方は、家庭でプロバイダー契約をしており、プロバイダーのメールアドレスももっているのではないでしょうか。また、LINEやfacebookなどのSNSが広がって、キャリアメールを使わないと連絡できないという人の割合はかなり減ってきたのではないでしょうか。

  • キャリアメールでないと社会的信用がなくなるって本当?

契約などの時に使えないとか

銀行などのネット取引の時に拒否されるとか

仕事でのやり取りの時に信用されないとか

親世代に通じないとか

確かにfreeメール禁止のサイトはいまだにあります。昔から、無料なので、捨てアドをつくる人がいるからですが、最近gmailのセキュリティはとても高くなっています。通常使っていない端末やPCあるいは他の地域や国で通信が行われると、ホールドされ、通常使っている端末に、○○でパスワードを使ってログインされたので確認を要求されます。

例えば、日頃使っているPCでも、テザリングなどで、他の通信サービスからメールを出そうとしたり検索等すると、すぐにこのアカウントのアクティビティのお知らせがきます。自分が使ったものであれば「はい」をクリックし、そうでない場合はアカウントを保護する「いいえ私ではありません」をクリックしてください。セキュリティガードはかなり強力になっています。グーグルアカウントはアンドロイドでは当たり前でyoutubeへのログイン、ポケモンGO等、世界標準になりつつあります。gメールをやめることの方がデメリットです。ビジネスにgmailは欠かせないでしょう。最近少なくなってきたのですが、それでも契約などの時にfreeメールが使えない場合が出たら

家庭でのネット接続でもらっている、プロバイダーメールを使うのが良いでしょう。

その他有料ですが


さくら
サクラのメールボックス 月額86円 容量10GB webメールにも対応しています。2週間無料お試し期間があります。

お名前.com年払い限定ずっと使えるメールアドレス 月額42円 容量1GB webメールもあります


お名前com
でメールを登録するのが良いでしょう

確かにデメリットは存在しますが、それって本当のデメリットではない気がしますし、ここに書いた方法でクリアできることを考えると、やっぱり月額料金が安いなら、格安SIMに替えるのがリーズナブルと思います。私はとっくに替えて浮いたお金をためて海外リゾートを楽しんでいます。ぜひ皆さんも格安SIM試してください。

OCNモバイルONEでのおすすめ格安スマホは「gooのスマホg08」です。他で詳しく書いているのでご確認ください。安くてハイコストパフォーマンスです。下の「OCNモバイルONE」のバナーから値段をご覧ください。


OCNモバイルONE/OCN光

You may also like

You may also like


Spread the love