エコな生活のためにも、ペットは喋れないからDNAに聞きましょう、そこでペットの遺伝子検査

シェアする

スポンサードサーチ

ペットの遺伝的疾患を隠して販売される現状があります。

ペットを迎える時に、健康リスクを心配しなくてもよい 仕組みを作りたい。

ペットの引き渡しに関する相談は増加傾向にあります。 
また、購入後に病気であることが分かり、高額医療費が必要になるケースも存在しています。 
購入した犬がすぐに病気になる要因については、 
「誤った交配」による遺伝子疾患、「生育環境が劣悪」による寄生虫感染などが挙げられます。 
そのため、遺伝要因・環境要因、両側面から、 不健康な犬が販売される状況を解消していく必要があります。

しかし、すでにペットを購入されている方は、今後のペットの健康維持のためにも調べておくことをお勧めします。


pontelyDNA

お勧めする理由は

(1)WEBで検査結果を確認可能
Orivet、Veqta、PetDogHubなどが国内事業者では競合ですが、検査結果の共有方法は紙のみとなります。 海外のEmbarkなどは、WEBで確認可能ですが、全部英語表記となります。
(2)後から追加申込可能
初検査では、頬の裏側の粘膜を採取していただく必要がありますが、 一度検査していただくと、その後の追加検査は、WEBから申込するだけで、結果を反映します。
(3)プランがシンプル
ペットの遺伝子検査は、犬種ごとにおすすめとなる遺伝性疾患が異なるため、注文入力方法が複雑になりがちです。 弊社では犬種の入力をしていただくだけで、事前に獣医師さんと相談して定めた項目を検査します。
(4)料金は業界最安水準
1部事業者は、1項目6万円ほどしますが、ここでは約5千円にて提供しています。
(5)検査結果が出るまでの期間が業界最短水準
1部事業者は、1ヶ月以上かかりますが、ここでは約2週間にて結果が出ます。
(6)遺伝子解析は、アニコム先進医療研究所に委託していますので、 確かな結果です

スポンサードサーチ

◆今後は

今後は遺伝的性格検査や猫などの検査も追加していくそうです。
◆ Pontelyでは、「ペットは家族。安心して迎えられる世界に。」という理念の元、 ペットの遺伝性疾患をなくすために事業を展開しています。
ペットを購入する際に、見た目だけではなく、 外見から分からない健康も重視して購入する習慣を広げています。

ペット保険の対象外となることが多い遺伝性疾患の中で、発症のしやすさの観点から、各犬種ごとに、検査をしておいた方が良いリストはこちら。

検査の流れは簡単です。

ネットで申し込むと
検査キットが送られてきます
口の中の粘膜を採取して送ります
専門機関のアニコム先進医療研究所が検査します
結果はネットで会員が確認できます。

スポンサードサーチ

検査結果の判定方法について

A+が最も安全レベルです。遺伝的な健康リスクはほぼありません

A+、A、A-、B+,B、B-、C+、C、C-、D の10段階による評価です。

Dが治療法がない命にかかわる遺伝子疾患になる可能性が非常に高い場合です。



pontelyDNA

Please follow and like us:
error

Related Post

trivago アットランス韓国ファッション

シェアする

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial