エコな生活には、シェアハウスに住むっていいね、外国人が多いから、英語のコミュニケーションもとれる。自分好みのコンセプトで探してみるのもいいかも

シェアする

にほんブログ村 海外生活ブログ プーケット情報へ にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へにほんブログ村 ネットブログ ポータルサイト・インターネットメディアへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活の豆知識へ にほんブログ村 投資ブログ 投資で海外セミリタイア生活へ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
さとふる bookee ピーチェック! カンファペット マンガ王国 マンガ王国

シェアハウスとは

自分のお部屋とは別に、共同利用できる共有スペースを持った賃貸住宅のことで、共同住宅ならではの「共有」と「交流」を楽しめるあたらしい住まいの形として外国人、日本人を問わず認知されています。
シェアハウスは、通常の賃貸アパートに比べ初期費用・毎月の費用を抑えてリーズナブルな価格で住めるところも大きな魅力のひとつです。

共有スペースは通常、入居者同士が交流出来るラウンジなどの他にキッチン、シャワー(浴室)、トイレなどの水周りのスペースなどがあります。
その他にも、通常の一人暮らしでは中々手が届かない大型スクリーンを配したシアタールームやフィットネススタジオ、本格的な楽器演奏が可能な防音室のある物件も。
ハウスの雰囲気、利用できる設備などは物件によってさまざま。内装デザインや家具・インテリアにもデザイン性に特徴のある物件は特に人気を集めています。もちろん居住性も重視されます。


oakhouse


oakhouse

スポンサードサーチ

コンセプト型シェアハウスもある

また、シェアハウスが持つコミュニティに注目し、「スポーツ」、「サイクリング」、「ガーデニング」など共通の趣味を持つ入居者を集めたシェアハウス、ITスキル向上や起業家支援などのビジネスパーソン向けのシェアハウス、保育設備を持つシングルマザーを支援するシェアハウスや就活生支援シェアハウスなど、特徴を持った物件もどんどん増えています。

新しい出会いや入居者同士との交流を大切にしたい方、ラウンジやキッチンなど通常のアパートにはない充実した設備を利用したい方には特におすすめです。オークハウスポータルなら、あなたに合ったシェアハウスがきっとみつかるはず!

シェアハウスという居住スタイルの確立

シェアハウスが認知されはじめた2000年代〜現在
「安いほうがイイ」「楽しいほうがイイ」「集えるほうがイイ」 そうした住まいへのニーズは、長屋文化をからもわかる通り、日本に古くから存在していました。ただし、集まって住むことには、デメリットも付き物。こうした居住スタイルは、戦後あまり一般化しなかったのも事実です。
「ルールやモラルを守らない入居者」「築年数が古くてメンテナンスが行き届いていない安かろう悪かろう物件」「国籍・文化の違いから生じるディスコミュニケーション」など課題がいくつもありました。

こうした中で、運営管理・プロパティマネジメントなどの総合的なサービスをおこなう事業者がすこしずつ増えていき、上記のようなデメリットを、集まって暮らすメリットのほうが上回ったときから、一般の日本人の間でも利用者がどんどん増えていったのです。

スポンサードサーチ

なぜ今、シェアハウスは人気なの?

「カーシェアリング」や「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」など「シェア・共有」を用い、合理的でシンプルに行きたいという人々のニーズに寄り添う便利なサービスが始まる時代の中で、同じように「シェアハウス」もTVドラマやバラエティー番組、新聞、雑誌などの各メディアに多く取り上げられるようになり、広く日本中に浸透しはじめました。
また、2011年の東日本大震災以降、若者の間で「人とのつながり」を求める動き(=ソーシャルシフト)が活発化していきました。価値観の変化からより自分のライフステージにあう合理的(敷金・礼金・仲介手数料¥0など)な賃貸住宅へのニーズが高まったことは、シェアハウス人気を後押ししています。

また、ハード面においては、近年、賃貸住宅の空室が目立ちはじめたこともあり、不動産業界におけるリノベーション市況の活性化の後押し、築古戸建や利用価値を終えた社員寮などをシェアハウスとして再利用するケースが多く、特に特徴のある内装デザインや家具・インテリアを共有スペースに設けている物件が人気を集めています。 その他にも、通常の一人暮らしでは中々手が届かない大型スクリーンを配したシアタールームやフィットネススタジオ、本格的な楽器演奏が可能な防音室、プロ仕様のキッチンなど物件の高付加価値化が進んでいます。

どんな人たちが住んでいるの?入居者の4割が外国人

シェアハウスに住む人の属性は?
現在、(株)オークハウスが運営するシェアハウスの場合、入居者の約4割が外国人、約6割が日本人となっており、多くの外国人の方にも支持されています。多国籍なコミュニケーションが日常的に活発で、ステキな出会いが多いことも魅力のひとつです。
男女の割合はだいたい半々。一緒に暮らしていれば、やっぱり恋も生まれやすく、シェアハウス内で出会って、結婚!など、ステキなニュースも時折耳にします。

現在日本国内には約20,000~30,000室のシェアハウス物件が存在すると言われています。そのシェアハウスに住んでいる方の多くは単身の社会人だと言われています。 世代としては20代後半〜30代前半が過半数を占め、いままでに単身者向けの賃貸住宅(アパート)でのひとり暮らしを経験したことがある方が多い傾向があります。

一度、一般的なアパート暮らしを経験しているからこそ、シェアハウスならではの入居者同士の交流がある暮らしや、初期費用の少なさや毎月の賃料のお得さなど、メリットを強く感じる方が多いようです。

また、多様化する働き方や、合理的でシンプルな生き方を求める若者、近年の晩婚化も手伝って、より楽しく充実したライフスタイルを備えた住まいを志向することは、いたって自然な流れであると言えるかもしれません。
コスパと出会いが魅力のシェアハウス日本最大手オークハウスが入居者募集中
oakhouse

スポンサードサーチ

どうやって選べばいい?良いシェアハウスの選び方

まずは良い運営事業社を見つけのが大切です。
認知度が定着し、部屋選びの一つの選択肢として一般化してきたシェアハウスですが、運営事業者によっては怪しい事業者もいるので注意が必要です。まずは注意すべき3つの点をしっかり抑えましょう。

1. しっかりとした賃貸契約書があるかどうか。
2. 問い合わせのレスポンスが早いかどうか。ルールなど物件の説明を十分にしてくれるかどうか。
3. 建物を定期的に巡回しているかどうか。

1. に関しては、必ず確認しましょう。契約期間(定期建物賃貸借契約なのか、一般賃貸契約書なのか)や禁止行為(友人の宿泊や異性の訪問)、毎月の支払い料金(家賃の他に掛かる費用)、共用施設の利用(有料か無料か。利用可能な時間。)、トラブル対応(特にインフラ。急な停電になった際の対応方法)など、シェアハウスを暮らす上で、しっかりとした契約書があるかどうかはとても重要です。もちろん入居者としてもその契約を遵守する必要があります。契約書が曖昧だと後にトラブルになることも。もちろん契約書をしっかりと読みあわせ、説明してくれるかどうかも重要です。しっかり確認しましょう。

2. のレスポンスの早さはとても重要です。例えば急な停電があった時や水漏れなど建物のトラブル発生時は、運営会社に連絡することになりますが、全く連絡がつかず復旧するまでに時間が掛かるなんてことも。最初の問い合わせ時からしっかりと見極めましょう。また、物件毎に異なるルールのシェアハウスでは、問い合わせ時や下見時にしっかり建物やルールの説明をしてくれるかどうかも重要です。入居後にトラブルになることもありますので、注意しましょう。

3. 他人と暮らすシェアハウスならば、小さいトラブルはつきものです。建物などハード面はもちろん、入居者同士の人間関係のトラブルも定期的に巡回してくれる運営事業者であれば、トラブルが発生する前に事前に防ぐことができます。日頃から頻繁にコミュニケーションがとれていたら安心ですよね。放ったらかしで、共用部の清掃が全くされない物件の運営事業者などは要注意です。

自分にあったシェアハウスを見つけるためには?

近年たくさんのシェアハウスが増え続けています。
初めてシェアハウスに住む方でも失敗しないように、シェアハウス選びのコツをご紹介します。

良い運営事業者を見つけたら、次は自分の希望に合ったシェアハウスを探しましょう。運営会社毎に様々なコンセプトや特徴のあるシェアハウスの中で、自分にあったシェアハウスを見つけるのは大変な反面、探す楽しみもあります。自分の優先事項を予め確認して時間を掛けてじっくり調べましょう。

1. 優先順位を決める。
2. 物件のルールを確認する。
3. 物件の雰囲気、そしてどんな人が住んでいるのか確認する。

1. 場所なのか、建物の設備や物件のコンセプトなのか、それとも初期費用や毎月の支払い家賃なのか、外国人との交流なのか、シェアハウスを選ぶ前に優先順位を決めましょう。少々都心や駅から離れていても面白いコンセプトや設備あるのがシェアハウスの特徴です。また運営会社や物件によって掛かる費用は異なります。一般の賃貸住宅に比べて費用面で優位だと言われていますが、初期費用そして毎月支払う費用をしっかり事前に確認して、自分の優先順位を把握することが大切です。

2. 女性専用シェアハウスやペット可、シングルマザー向けなどなど様々なコンセプトで運営されるシェアハウス。物件毎に異なるルールを事前に確認しましょう。例えば女性専用シェアハウスであれば、異性の宿泊は禁止されていますよね。でも家族や親族の訪問は可能?や共有スペースで友人の男性と一緒にお茶を飲むのは?など事前に知っておかないとトラブルの原因になるかもしれません。シェアライフを楽しむ為に事前にルールをしっかり確認しましょう。

3. 希望の物件が決まったら、ウェブサイトや下見を活用してその物件の雰囲気やどんな人が住んでいるのかを確認しましょう。他人と集まって暮らすことで一般賃貸アパートにはない、出会いや学びがあるのがシェアハウスの最大のメリットの一つです。静かな雰囲気が好きなのか、イベント等が定期的に開催され賑やかに暮らすのが好きなのか、また外国人との交流を希望するのかなど、自分に合うかどうか入居者の属性や物件の雰囲気を事前に確認しておきましょう。



oakhouse


oakhouse

コンセプト型シェアハウスっていいかも

英語、女性専用、ペット共生、アウトドア、フィットネス&ビューティー、DIY、カフェ等コンセプトが選べるシエアハウス、迷うほど多くのコンセプトがあります。
ペット大好きな人たちのシエアハウス、アウトドア大好きな人たちが集まるシエアハウスとか、DIYで壁に穴をあけてもいいシエアハウスとか、最初から目的が決まった人たちが集まる場所は、話が弾みますよね。目的が同じ仲間が集まっているシエアハウスだから、毎日がたのしい。
Please follow and like us:
error

Related Post

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial