スポンサーリンク
このボタンをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントをLINE友だち追加できます。
Add friend
このボタンをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントをLINE友だち追加できます。
Add friend

人気の「低コスト投信」でグローバルにエコナセイカツ、安全、安心な投資のため、投資信託のメリット、デメリット

スポンサーリンク
OCN
ETF運用
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
このボタンをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントをLINE友だち追加できます。
Add friendrakuten不織布三層構造マスク
OCNモバイルONE/OCN光ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」読み放題OCNモバイルONE/OCN光
暮らしに関するお困り事を素早く解決!【生活110番】
スポンサーリンク
このボタンをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントをLINE友だち追加できます。
Add friend不織布三層構造マスク

投資信託の優先選択肢は「低コスト投信」が人気になった

投信の選択方法が、最近になり変わってきました。従来の選択の時にはおおよそ、以下のような選択肢を考えたとおもいますが、今はこれらのカテゴリーを考えるのは「低コスト投信」で検索したあとです。

分配金あり」、「分配金なし」か「アクティブ型」か「インデックス型」か「バランス型」か「日本株式型」か「先進国株式型」、「新興国型」、「全世界型」

「株式型」、「債券型」、「リート型」、「分散投資型」それぞれに「ヘッジをかける」「ヘッジをかけない」かということです。日本経済新聞の投信ニュースによると、わかりやすいチャートがあります。上のチャートは10年間の投資信託の平均的な値動きを表しています。下のチャートは5年間のリスクとリターンの相関をとったグラフです。色分けは両者とも青が国内株式、赤が先進国株式、緑が国内債券、黄色が先進国債券です。2010年2月を起点として100とすると、2020年2月までで、国内、先進国ともに投信の基準価格平均は2.5倍になっています。一方で、株式型は騰がりましたが、債券型はわずかの上昇でしかありません。株と債券は逆の動きをしますから、この間は株式型が良いパフォーマンスを演じたといえます。

リターン5年ではVIXが急上昇し2回も大きな下落があった

リターン相関を5年間で見ると、やはり、緑と黄色の国内債券型も先進国債券型もリスクは低いですが、リターンも低く、これはほとんどがもうかっていないのです。10年で見るとよいのですが、5年間で見ると、大きな下落が2回あったからです。5年間ずっと預けておいた場合であって上のチャートを見ると、中国経済失速懸念の2015年から2016年5月までの間、2018年の後半米雇用統計での長期金利上昇によるVIXショックこの前に売っていればかなりの利益を上げられたことも予想されます。このリターンはその時も売らなかった人が5年間持ち続けた場合のチャートです。この間の株式相場の上昇で、パフォーマンスが良かったのは青と赤の国内、先進国株式型なのです。

良好なファンドでは5年間で15%以上のリターンを上げているものがあることがわかります。しかし、そこが注意が必要なのです。5年15%は1年間でいえば3%ですが、そこから信託報酬がひかれることになります。下のチャートはQUICKによるもので2017年までのものですが、この段階で平均はアクティブ型で1.54%でインデックス型で0.56%ですから、ノーロードの場合3%のリターンではアクティブ型で1.46%、インデックス型で2.44%のリターンになるわけです。これはあくまでも平均ですから、一般的な2.5%程度の信託報酬の場合だと、リターンがほとんどないということになってしまいます。

10年で見ると間違いなく大きく騰がったのですが、最近始めた人や、これから始める人にとってはこれから10年持てるかどうか懸念もあります。

短い運用期間でもパフォーマンスを上げるためには、信託報酬が低い「低コスト投信」が良いのです

これで、間違いなく購入すべき投資信託は、少しでも信託報酬が低いものを選んだほうが有利です。

購入手数料は当然ノーロードで、信託報酬は高くても1%台としておいたほうがリターンを受けやすくなります。いま、証券業界では、信託報酬を運用途中でも下げる動きがでてきました。eMAXisシリーズがそうです。いつまでも、下げず、殿様商法を続けている運用会社はいずれ市場から排除されるでしょう。

これは、2017年までの信託報酬の推移のチャートですが、アクティブ型で平均1.54%、インデックス型で0.56%です。最近は、この報酬をさらに引き下げる動きが始まっています。

投信を買うならこの平均値以下の報酬のファンドを選んだほうがいいでしょう

投資信託のパフォーマンスを上げるには以下の方法があります

相場が急落したときには売却して利確する

投資信託は長期商品であるが、全く放置しておくのでなく、夜のNYの相場を見てVIX指数が大きく変動し上昇した翌日に売却注文を出す。これも、間違いなく崩れ始めに売却できます

ドルコスト分散法で購入する

これも、毎月同じ日に購入するのではなく、下がったときに購入する。3時までに注文を出せば翌日約定するので、相場を見て、大きく下げた日に注文すれば間違いなく安い値段で購入できる。ドルコスト分散法が生きる。上昇しているときは買い足さない。

カテゴリー平均より低いパフォーマンスの投信は買わないほうが良い

どんな、投資信託でもいいのですが、カテゴリー平均より低いパフォーマンスの投信に投資する意味がありますか?資産を増やすために投資信託を購入するのですから、もともとパフォーマンスの低い投信は、運用が下手なだけです。確かに、年度により、調子がいいカテゴリーはありますが、投資信託に購入に逆張りはないと思ったほうがいいです。順張りでパフォーマンスの良いものに乗ることです

純資産が減ってきているものは買わないほうが良い

純資産が減ってきているのは、持っている人のなかで、「売りたい人」が「買う人」よりおおいので減ってきているのです。これこそ、持っている人たちがダメだと判定しているようなもので、それを新たに購入しても落ちるナイフをつかむようなもので、けがをするだけです。

特にひどいのは、分配金ありのファンドでは、急に分配金を下げるものもあります。自分たちの運用の失敗を、購入者に犠牲を押し付けているだけで、いいファンドとは言えないでしょう。よく調べてみるとわかりますが、1年もたたずに数か月ぐらいで下げていくひどいファンドもあります。そこまで、先が読めない運用者が続けているファンドはダメです。

分配金が出るファンドは、「分配金実績」を見て、過去の分配金のたとえ分配金が下がるにしても、決算をする1年以上は同じ額で続けているファンドを選ぶべきです。

純資産が少ないものは買わないのが賢明です

純資産が極端に少ないファンドがあります。募集してすぐのものなどが多いですが、数億円とか数十億円規模のものがあります。通常ファンドの値決めは、運用しているETFやマザーファンドのその日の時価購入を口数で割って計算されるので、「需給バランス」ではありませんが、あまりにも純資産が少ない場合、ETFなどへの分散投資先なども限られて、パフォーマンスがいいわけがありません。純資産が極端に低いファンドは、解約の増減で値付けに響くことも考えられます。

ネット証券はまずSBI証券が良いでしょう。

sbi

sbi

投資信託を始めるにあたって、メリットとデメリットをまとめると

メリット

★口数や金額で購入できるので、少額でも購入できる

★運用はお任せなので、よい投信を選べば自然に資産が増えていく。時間を無駄にしない

★投信はその日の相場を見てから購入を決めることができ確実に買えます

★投信はその日の相場を見てから売却を決めることができ、確実に売却できる

★ETFやマザーファンドで組まれているので、完全分散投資で、個別株よりリスクが低い

★投信を長期運用している間は、信用取引において、投信も代用証券として評価されるためETFなどで積極的に運用できる。

デメリット

★分配金ありの投信の場合、運用が悪くなると分配金を突然削減する会社があるので注意

信託報酬の低コストのものを選ばないと、騰がっても、リターンが少なくなる

★国際的なファンドの場合為替変動リスクがある。例えばドル建てであれば円高になるとリターンは減ります。

以上の点を理解して購入すれば、デメリットは選択で防げるので資産形成にとても良い運用ができます。投資信託で資産を増やしましょう。

sbisbi

GMOクリック証券のスマホのアプリ「株ロイド」はとても使いやすいです

SBIネオモバイル証券 口座開設SBIネオモバイル証券 口座開設

ネオモバ証券は、小口で自分の欲しい株を買うことができます。Tポイントでも購入できます。
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)THEO

FXブロードネット365FXブロードネット365

未公開株のクラウドファンディングもいいですよ。人気です。公開されるとあっという間に投資枠が一杯になります

THEO+docomo

タイトルとURLをコピーしました