海外、グローバルでエコナセイカツ(生活)を送るために、分配金あり、分配金なしなどの投資信託をどのように選ぶか、トータルリターンに注目

Pocket

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活の豆知識へ

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

相変わらず人気TOPは分配金なしの「レオス-ひふみプラス」です。
レオス・キャピタルワークスが運用しています。寄らば「大樹の陰」ということでしょうね。10000円(2012年5月28日)で始まったものが現在は40910円(2018年7月6日)はじめから購入した人は4倍になったことになります。(チャート出所:2018年4月27日までのチャートを2018年6月の目論見書から)信託期間は無期限となっています。

ひふみ投信

テレビなどでも評判のカリスマファンドマネージャーの藤野さんが社長の会社で「国民的な投資信託とは、長期的に運用され、多くの人が、それを保有することによって、豊かな生活を送ることができる投資信託だと思います。そんな理想の投信をつくるためには、まずは良い運用会社が必要です。」と言います。「構成銘柄は自分で会社におもむき、自分で見て決める。」この考え方はいいですよね。
2015年8月チャイナショック以降下落するも2016年8月からは上昇トレンドとなり2018年1月28日のNYダウの下落までに44454円(1月23日)をつけ38930円まで下がったものの再び上昇し現在高値は抜いていないものの40910円まで戻しています。今年の1月に買われたかたはいまだにマイナスですが、2017年10月以前に買われたかたは全員がプラスになっています。もっと早く買ったかたはそれこそ2倍、3倍、4倍となっている方もいると考えられます。もちろん売却しなかった場合ですが。
チャートで純資産の増加を見るとその人気ぶりがわかります。ただ、まだ利益を確定していないうちは、この後何が起こるかわかりません。「分配金なし」の投信の場合は利確するまでは利益はわかりません。
分配金ありの投信では

T&D-ブラジル株式ツインαファンド(毎月分配型)ツインα・コース
が人気です。こちらは売り出し価格10000円のものが現在は1880円(2018/7はじめ頃)です。この間、ブラジルの混乱で、ブラジルの株式市場は大きく下落しました。オリンピック、サッカーワールドカップとブラジルは盛り上がり株価も上昇し続けたのですが、汚職や政治の問題で地に落ちたという感じです。このファンドブラジル株式とオプション取引を組み合わせていますので、当然のように下がって行ったのです。結果として、現在の分配金が85円なので、2018年7月6日で見ると、4.5%もの利率になるのです。この手数料が合計で、2.0864%でまずまず低い手数料である、というのと、下がったものは、いつまでも下がり続けるわけでなくどこかで反発すると考える人たちははここに注目するわけです。チャートを比べてみるとわかるのですが、両方とも純資産は増えていることがわかります。人によって、それぞれの考え方で投信を選んで購入しているわけですが、純資産が増えているのは人気があるわけで、運用側も余裕を持って運用できるわけです。

1880円といっても、設定来の分配金の合計が6320円ですから1880+6320で8200円となるので、最初から購入した人は10000円の82%で18パーセントの損となっているわけです。価格だけでなく、分配金も足して判断する必要があります。
下がり切ったものは今が選び時かもしれない
結局これから市場はどうなるのかがポイントですが、一つの考え方ですが、下落が底に近づくほど、下がる率は少なくなるというのは当たり前ですが、最初から購入した人よりも、これから購入する人のほうが、下落しても大きな下落にはならないと考えられるのではないでしょうか。
これから40000円出しても買うのか、2000円ぐらいのものを選ぶのか考えたほうが良いでしょう。何よりも、重要なのは、手数料です。手数料の低い投信会社を調べてみてください。客によりそう会社かどうか、判断できると思います。情報公開が少ない会社の投信はだめです。投信を運用している会社も選択しましょう。
投信を購入する前には、自分で、様々な観点から調べてください。私は、SBI証券の投資信託パワーサーチを使っています。
日産証券 先物・オプション「その2」

レイコップ

Zcom ワードプレス
光沢のあるツルツル肌へ『BSS脱毛』エルセーヌ

Ⅹサーバー

Please follow and like us:
error

Related Post

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial