海外、グローバルでエコな生活のため、この後どうなる証券市場、VIX(恐怖指数)は落ち着いてきた、投資主体別でみると、個人は嵌められたのでは?

シェアする

にほんブログ村 海外生活ブログ プーケット情報へ にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へにほんブログ村 ネットブログ ポータルサイト・インターネットメディアへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活の豆知識へ にほんブログ村 投資ブログ 投資で海外セミリタイア生活へ にほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ
さとふる bookee ピーチェック! カンファペット マンガ王国 マンガ王国

下落からまずは、今回の下げを分析して、反省し今後の投資行動に結び付けましょう


下落が始まってから2か月ほどたちこの後を考えるために、分析してみました。図は投資家主体別状況が上で下がVIXのアメリカ、日本、ヨーロッパの状況です。これを6か月間で上下に重ねてみました。縦の赤いラインが、下落の始まりです。また横のラインがVIX指数を20で引いてみました。20以上が恐怖が高まる状態で、20以下になってくると通常の状態に戻ってくるということです。

個人は9月の連騰を見誤ったのでは、海外と逆の投資行動

前にも書きましたが、下落に対する各主体の動向では、証券の自己取引が、VIX指数15程度で急激に売っています。9月の後半に大きく売っているのがわかります。その時、海外と個人は大きく買っています。ところが、海外はVIXが急に上昇を始めると一気に売りに出ています。ところが、その時個人は買っているんですね。そのあとは、海外の青ラインと個人の紫ラインは上下に対象的に動いていることが理解できます。個人は完全に嵌められたと言えるのではないでしょうか。今回の下げで一番損失を高めたのは個人でしょう。

長期保有のはずの「投資信託」でも同じ行動をとった

一方、投資信託を見ると、大きな売りは、9月後半に証券自己が売り始めたときに、同時に売られていますが、そこからは買いが上回るのですが、10月26日ごろに平均株価が底をつけると、長期保有のはずの投資信託も売られていくのです。その時は海外は大きく買いを入れています。11月初めぐらいまでです。その時も、個人は大きくはないですが対象的に売りを入れています。

スポンサードサーチ

いつの世も相場が下がり続けることはない

VIXはボラテリティの高まりによって投資家心理が揺さぶられ、恐怖が高まっていき、売り行動に走るということです。個人は常にこれに揺さぶられ本来の動きを見失うと考えてよいでしょう。2月のショックの後のVIXの落ち着きには、およそ3か月かかっていますから、今回もまだ少し、ボラティリティが高まることが予想されます。しかし、いつの世も相場が下がり続けることはないのです。VIXはコンタンゴ現象で振れが小さくなっていくのです。

証券自己は早期行動で売り抜けていたのはさすが、海外よりも早かった

反省しなければならないのは、恐怖におびえるのではなく、これが相場の動きだと知ることです。そして、次はその反省を生かしていくことです。VIXが上昇したのも、9月のアメリカの連騰があったからです。バブルではありませんが、日本のバブルの時のようなことが起こっていたと考えてください。その意味では、証券自己は早期行動で売り抜けていたのはさすがだと思います。

投資信託はドルコスト平均法などで、毎月、購入していくのが安全ではあるが、注意も必要

気になるのは、この後の証券自己の動きです。当然、どこかで本腰を入れて買ってくるはずです。海外もそうです。個人はその動きに合わせる行動をとるのことが安全だとおもいます。このグラフからもわかるように、投資信託では株価ほど大きな振れは出ていません。おそらく、個別株投資で大きく損失を受けた人が多いのではないかと思います。
ドルコスト平均法などで、毎月、購入していけば、今回の下げも大きな影響にはならないでしょう。ただ、ドルコスト平均法も、最近の投資信託のチャートを見ていると、杓子定規に毎月同じ日に購入はだめです。分配金なしのレオスのひふみプラスのチャートを見ていると、今年の2018年に入ってからは、1月ぐらいでの上げ下げが激しくなっています。しかも、平均値は下落しています。チャートを見て安い時に買いを行い、高い時には買わないというような、判断をしないと資産効果は得られないことがわかります。全くのお任せは損失をつくる可能性が高いです。このように、厳選された、銘柄を組んだファンドでさえ安心はできません。自分なりの投資行動を勉強しながら確立していくことが必要だと思います。


GMOクリック証券

Please follow and like us:
error

Related Post

videocash trivago

シェアする

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial