ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseSpanishThaiVietnamese
スポンサーリンク
PT・OT・ST WORKERひふみ投信

海外、グローバルでエコナセイカツ(生活)のため、この後どうなる証券市場、VIX(恐怖指数)は落ち着いてきた、投資主体別でみると、個人は嵌められたのでは?

スポンサーリンク
心疾患リスク検査キット
doda
コミックシーモア読み放題


液晶王国楽天モバイル

スポンサーリンク
OCN
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
rakuten不織布三層構造マスク
OCNモバイルONE/OCN光ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」読み放題OCNモバイルONE/OCN光
暮らしに関するお困り事を素早く解決!【生活110番】
スポンサーリンク
不織布三層構造マスク治験ボランティア[(JCVN)高齢健常者 65歳以上]

下落からまずは、今回の下げを分析して、反省し今後の投資行動に結び付けましょう


下落が始まってから2か月ほどたちこの後を考えるために、分析してみました。図は投資家主体別状況が上で下がVIXのアメリカ、日本、ヨーロッパの状況です。これを6か月間で上下に重ねてみました。縦の赤いラインが、下落の始まりです。また横のラインがVIX指数を20で引いてみました。20以上が恐怖が高まる状態で、20以下になってくると通常の状態に戻ってくるということです。

個人は9月の連騰を見誤ったのでは、海外と逆の投資行動

前にも書きましたが、下落に対する各主体の動向では、証券の自己取引が、VIX指数15程度で急激に売っています。9月の後半に大きく売っているのがわかります。その時、海外と個人は大きく買っています。ところが、海外はVIXが急に上昇を始めると一気に売りに出ています。ところが、その時個人は買っているんですね。そのあとは、海外の青ラインと個人の紫ラインは上下に対象的に動いていることが理解できます。個人は完全に嵌められたと言えるのではないでしょうか。今回の下げで一番損失を高めたのは個人でしょう。

長期保有のはずの「投資信託」でも同じ行動をとった

一方、投資信託を見ると、大きな売りは、9月後半に証券自己が売り始めたときに、同時に売られていますが、そこからは買いが上回るのですが、10月26日ごろに平均株価が底をつけると、長期保有のはずの投資信託も売られていくのです。その時は海外は大きく買いを入れています。11月初めぐらいまでです。その時も、個人は大きくはないですが対象的に売りを入れています。

アットランス韓国ファッション

いつの世も相場が下がり続けることはない

VIXはボラテリティの高まりによって投資家心理が揺さぶられ、恐怖が高まっていき、売り行動に走るということです。個人は常にこれに揺さぶられ本来の動きを見失うと考えてよいでしょう。2月のショックの後のVIXの落ち着きには、およそ3か月かかっていますから、今回もまだ少し、ボラティリティが高まることが予想されます。しかし、いつの世も相場が下がり続けることはないのです。VIXはコンタンゴ現象で振れが小さくなっていくのです。

証券自己は早期行動で売り抜けていたのはさすが、海外よりも早かった

反省しなければならないのは、恐怖におびえるのではなく、これが相場の動きだと知ることです。そして、次はその反省を生かしていくことです。VIXが上昇したのも、9月のアメリカの連騰があったからです。バブルではありませんが、日本のバブルの時のようなことが起こっていたと考えてください。その意味では、証券自己は早期行動で売り抜けていたのはさすがだと思います。

投資信託はドルコスト平均法などで、毎月、購入していくのが安全ではあるが、注意も必要

気になるのは、この後の証券自己の動きです。当然、どこかで本腰を入れて買ってくるはずです。海外もそうです。個人はその動きに合わせる行動をとるのことが安全だとおもいます。このグラフからもわかるように、投資信託では株価ほど大きな振れは出ていません。おそらく、個別株投資で大きく損失を受けた人が多いのではないかと思います。
ドルコスト平均法などで、毎月、購入していけば、今回の下げも大きな影響にはならないでしょう。ただ、ドルコスト平均法も、最近の投資信託のチャートを見ていると、杓子定規に毎月同じ日に購入はだめです。分配金なしのレオスのひふみプラスのチャートを見ていると、今年の2018年に入ってからは、1月ぐらいでの上げ下げが激しくなっています。しかも、平均値は下落しています。チャートを見て安い時に買いを行い、高い時には買わないというような、判断をしないと資産効果は得られないことがわかります。全くのお任せは損失をつくる可能性が高いです。このように、厳選された、銘柄を組んだファンドでさえ安心はできません。自分なりの投資行動を勉強しながら確立していくことが必要だと思います。
GMOクリック証券

 

Related posts:

ベトナム Vietnam、ハノイで行っておきたい場所、3度目でやっとはいれたホーチミン廟、撮影は禁止ですが、一度は自分の目でしっかり見ておきたい。
グローバルでエコナセイカツ(生活)には、海外でクレディセゾンのネオマネー「NEO MONEY」プリペイドカードの活用は安全でエコで便利
ナスダックの大幅下落、アメリカの下げこそ、テールリスクではなかったのか。再上昇への変化はマクレランオシレーターに注目
グローバルにエコナセイカツ(生活)のために円満退職をサポートしてくれる、「退職代行Jobs」、今すぐ辞めたい気持ちを実現しストレス解消
グローバルでエコナセイカツ、海、山、温泉地、離島、スキー場など、 日本全国のリゾート地に住み込みで働くお仕事の紹介です
海外、グローバルでエコナセイカツ(生活)のためには格安スマホ、格安SIMで050番号も取得するのがベスト,mineo、LaLaCallのメリット、デメリット比較
目の下のハリがなくなり、周りから老けて見えると思われたことはありませんか、エコナセイカツ(生活)のために健康に気を使い早くどうにかしないとますます進みます
安全、安心な投資のため、なぜかVIX(恐怖指数)が10point台に戻らない?一方SKEW(ブラックスワン指数)は?
グローバルにエコナセイカツのために、1円端末あと少しで終わり、OCNモバイルONEのZenFone Max(M2)が価格もいい
エコで健康なエコナセイカツ(生活)のために、宅食の活用も便利、忙しい毎日でも、食事は栄養士が管理、一人でも無駄もありません
グローバルにエコナセイカツ(生活)のため、安全な投資を続ける「投資信託」を賢く選ぶには、「ノーロード」で「信託報酬」「運用コスト」の低いものがよい
海外、VIX指数(恐怖指数,ボラティリティーインデックス,volatility Index)は次第に落ち着くもの、エコナセイカツ(生活)のためにも投げ売りは禁物

タイトルとURLをコピーしました