低コスト投信

ETF運用

グローバルにエコナセイカツのため、これが「テールリスク」なのか、「ブラックスワン指数」が「VIX」の急上昇と株価暴落の前兆を予想していたのか

リーマンショックと同レベルの打撃 ここまでの、VIX指数(恐怖指数)の動きですが、過去の、金融バブルのレベルとは異なりました。世界中で死者が増えていくことでの、自分に迫ってくる生命にかかわる危機は、戦争にもたとえられているように、過去のリ...
ETF運用

グローバルにエコナセイカツのために、VIX上昇もいつまでも続くわけではありません。MAXとなれば下がるだけ、時たま、バックワーディーションが起こりますがコンタンゴで下がり続けます。

この1年間のVIX指数チャート、リーマンを超えて80を超えました。 1990年からのVIX指数チャート、2009年のリーマンショックの時でさえ60でした。 米VIX(恐怖指数は82.69まで上昇)まさに世界中の投資家がコロナ...
ETF運用

グローバルにエコナセイカツのため「低コスト投信」、コスト比較ランキング、インデックスファンドの「信託報酬引き下げ競争」が激化、投資家にとってうれしい競争

投資信託の選択基準は「カテゴリ選択」でなく「低コスト投信」だ 低コスト投信の価格競争が激化してきた。これはとても良い流れだ、パフォーマンスが悪く、運用そのものが機能していないファンドが高い信託報酬を続けることなど、もっての外だ。 驚くこ...
ETF運用

人気の「低コスト投信」でグローバルにエコナセイカツ、安全、安心な投資のため、投資信託のメリット、デメリット

投資信託の優先選択肢は「低コスト投信」が人気になった 投信の選択方法が、最近になり変わってきました。従来の選択の時にはおおよそ、以下のような選択肢を考えたとおもいますが、今はこれらのカテゴリーを考えるのは「低コスト投信」で検索したあとです...
ETF運用

VIX(恐怖指数)は今のところコロナショックには大きく反応していません。NYは何度も高値更新するなか、グローバルでエコナセイカツのため安全性が高いのは低コスト投信

アメリカVIXは意外と大きく上昇してはいない 新型コロナショックは世界中で予断を許さない状況ですが、しかし、VIX(恐怖指数)は意外と大きくなっていないのが驚きです。 2002年11月から2003年のイラク戦争VIX40、2003年...
ETF運用

失われた20年の呪縛から解放されるか、2020年相場が試される、投信とETFで運用しながらグローバルにエコナセイカツを続けたい

突然の地政学的なVIX指数の振れにも、アメリカ、ヨーロッパは落ち着いていた 2019年末は、米中との1段階合意にこぎつけ、安心していたところで、突然のアメリカによるイランのソレイマニ司令官攻撃のニュースで年初から、第三次世界大戦に発展する...
ETF運用

グローバルにエコナセイカツを送るため、日経、年末はどうなる、リゾートビーチにいながら安全・安心の投資で資産を増やすためには、投資信託、ETFで

日経平均のチャートとボリンジャーバンドとMDCA みなさん、この後株式相場がどうなるのか、心配ですよね 1年を振り返ってみましょう。(2018年)昨年は、とんでもない年末でした。VIX指数(恐怖指数)が36まで上がり、株価は急落しま...
ETF運用

不安定な世界経済だが、将来のことを考えエコナセイカツ(生活)のためエコにコツコツ運用しておくしかない。やっと、選べる時代が来た。守る運用には何がいいのかワンコイン投資とネオモバを比較してみた

ワンコインの少額の余裕資金から守る運用を始めるには 将来の収入や年金に希望が持てないなら、すこしでも早く、運用を始めるに越したことはありません。しかし日本は、銀行に預けたり、タンス預金をしたりと、まだまだ、投資、運用には懐疑的です。教育機...
ETF運用

グローバルでエコナセイカツ(生活)のため株取引をもっとお手軽に安全投資、ネオモバ証券「Tポイント」で株が買える。これならだれでも株取引

ためたTポイントで株を買おう 最近聞くようになった「ポイント投資」。持っているポイントを使って投資ができるみたいなんだけど…。 確かにポイント好きだし、コツコツ貯めてはいるけれど貯めてるって言っても…株って何十万円もないと買えないん...
ETF運用

海外、グローバルでエコナセイカツ(生活)のためにも、この不安定な相場で資金を守り育てるにはWhealthNavi ロボアドバイザー長期積立にまさるものはない

買い場を見極めるなどながら投資家には到底無理 投資は、安いときに買って、高いときに売るとよく言われます。しかし、相場の底や天井を見極めることが難しいことは、株式投資をした人は誰でもわかります。プロでも、意見が分かれる、...
ETF運用

長期連休明け、米中貿易摩擦の決着は、ここからどうなる株式市場、エコナセイカツ(生活)のため投資主体別に注目

アメリカはすでに高値更新しているのに、日本は足踏み 10月のVIX指数上昇による急落から6か月たち、NYはすでに急落前を越し、もとにもどったのに、日経はいまだにもとにはもどっていません。グラフをみるとわかりますが、昨年10月に始まったアメリ...
タイトルとURLをコピーしました