パッシブ型

ETF運用

グローバルにエコナセイカツのためには安全・安心の投資信託運用どう選べばよいか?「低コスト投信」「タイミング」が重要

なぜ「個別株」ではなく「投資信託」なのか それは、運用側が分散投資をしてくれているからです。好みの個別企業の株を買うというのはわかりやすいですが、業績をしっかりリサーチしているつもりでも、何が起こるかわからないのが最近の株式相場で...
ETF運用

グローバルにエコナセイカツのため「低コスト投信」、コスト比較ランキング、インデックスファンドの「信託報酬引き下げ競争」が激化、投資家にとってうれしい競争

投資信託の選択基準は「カテゴリ選択」でなく「低コスト投信」だ 低コスト投信の価格競争が激化してきた。これはとても良い流れだ、パフォーマンスが悪く、運用そのものが機能していないファンドが高い信託報酬を続けることなど、もっての外だ。 驚くこ...
記事が気に入りましたらぜひフォローをお願いします
タイトルとURLをコピーしました