アクティブ型

ETF運用

グローバルにエコナセイカツのため「低コスト投信」、コスト比較ランキング、インデックスファンドの「信託報酬引き下げ競争」が激化、投資家にとってうれしい競争

投資信託の選択基準は「カテゴリ選択」でなく「低コスト投信」だ 低コスト投信の価格競争が激化してきた。これはとても良い流れだ、パフォーマンスが悪く、運用そのものが機能していないファンドが高い信託報酬を続けることなど、もっての外だ。 驚くこ...
ETF運用

人気の「低コスト投信」でグローバルにエコナセイカツ、安全、安心な投資のため、投資信託のメリット、デメリット

投資信託の優先選択肢は「低コスト投信」が人気になった 投信の選択方法が、最近になり変わってきました。従来の選択の時にはおおよそ、以下のような選択肢を考えたとおもいますが、今はこれらのカテゴリーを考えるのは「低コスト投信」で検索したあとです...
ETF運用

投資信託を本気で選ぶときに何をかんがえたらよいのか。「アクティブ型」か「インデックス型」かエコナセイカツ(生活)のために考える

投資信託の選び方 株の場合、企業情報やチャートで銘柄を決め購入することになりますが、投信の場合は個別銘柄ではないのと、チャート情報が断片的で、情報を一括管理できない点で、購入前にチェックしておくことがたくさんあります。...
記事が気に入りましたらぜひフォローをお願いします
タイトルとURLをコピーしました