投資信託

ETF運用

グローバルにエコナセイカツのために、VIX上昇もいつまでも続くわけではありません。MAXとなれば下がるだけ、時たま、バックワーディーションが起こりますがコンタンゴで下がり続けます。

この1年間のVIX指数チャート、リーマンを超えて80を超えました。 1990年からのVIX指数チャート、2009年のリーマンショックの時でさえ60でした。 米VIX(恐怖指数は82.69まで上昇)まさに世界中の投資家がコロナ...
ETF運用

人気の「低コスト投信」でグローバルにエコナセイカツ、安全、安心な投資のため、投資信託のメリット、デメリット

投資信託の優先選択肢は「低コスト投信」が人気になった 投信の選択方法が、最近になり変わってきました。従来の選択の時にはおおよそ、以下のような選択肢を考えたとおもいますが、今はこれらのカテゴリーを考えるのは「低コスト投信」で検索したあとです...
ETF運用

失われた20年の呪縛から解放されるか、2020年相場が試される、投信とETFで運用しながらグローバルにエコナセイカツを続けたい

突然の地政学的なVIX指数の振れにも、アメリカ、ヨーロッパは落ち着いていた 2019年末は、米中との1段階合意にこぎつけ、安心していたところで、突然のアメリカによるイランのソレイマニ司令官攻撃のニュースで年初から、第三次世界大戦に発展する...
ETF運用

グローバルにエコナセイカツ(生活)のため、安全な投資を続ける「投資信託」を賢く選ぶには、「ノーロード」で「信託報酬」「運用コスト」の低いものがよい

小次郎講師が推奨する「移動平均線大循環分析」 「移動平均線大循環分析」は、日足チャートにおいて、3本の移動平均線の並び順や傾き、間隔を分析し、今後相場の展開を予測する非常にシンプルな分析手法です。 移動平均線が上から「短...
ETF運用

海外、グローバルでエコナセイカツ(生活)のために、安全な運用を考えながら投資を続ける。VIX(恐怖指数)の動きは人間の心理そのもの

VIX、日経VIX、ヨーロッパのVSTOXXと日経チャート このチャートは、1年間のVIX、日経vix、ヨーロッパのVSTOXXのチャートと、日経平均のグラフを重ねたものです。これを見ると、12月の最後のVIX指数の上昇で、日経は大きく下...
ETF運用

海外、グローバルでエコナセイカツ(生活)のため、この後どうなる証券市場、VIX(恐怖指数)は落ち着いてきた、投資主体別でみると、個人は嵌められたのでは?

下落からまずは、今回の下げを分析して、反省し今後の投資行動に結び付けましょう 下落が始まってから2か月ほどたちこの後を考えるために、分析してみました。図は投資家主体別状況が上で下がVIXのアメリカ、日本、ヨーロッパの状況です。これを6...
ETF運用

海外、グローバルでエコナセイカツ(生活)のため投資信託を運用しながらETFで利益を得る。チャンスを逃してはならない

投資信託で運用していますが、相場が大きく下落したときにはETFで短期で利益を得ます メインは投資信託で運用を行っているのですが、時間があるときにはETFで短期で利益を得ます。投資信託はその性質上、長期運用にならざるを得ません。その間は動か...
ETF運用

海外、グローバルでエコナセイカツのため投資はしたいが、日経平均27年ぶり高値、失われた20年がリセットになるのか。

日経平均27年ぶり高値 日経平均が27年ぶりにバブル以降の高値を付けたそうです。28年かかってスタートラインについたんですね。「失われた20年」実際ここまで来るのに28年ですが、日本経済がバブル期の終焉を向かえ、低迷に次ぐ低迷を超え今...
ETF運用

海外、グローバルでエコナセイカツのため「投信」を購入するときの投資法と購入タイミング

大人の飛行機ラジコンショップ【ヒコーキショップ・リトルベランカ】 海外で楽しく生活をするために 海外で楽しく生活を続けるためには、ITの「リモートワーク」や、いつも市場に張り付いていなくても安全、安定な「資産運...
ETF運用

信用口座を作ったほうがいい、選ぶなら投資信託が担保になる証券会社

SBI証券では投資信託も信用口座の担保になります。 多くの方が、投信と株両方をお持ちだと思いますが、投信の性格上、一度銘柄を決めると預けっぱなしのスタンスが多いと思います。そうすると、その金額は株取引とは全く別個の扱いと...
ETF運用

グローバルでエコナセイカツ(生活)で将来のために何かに投資するなら投資信託がおすすめ

エコな生活を続けるためには教育も重要 エコな生活を続けるためには、安定した収入が必要でそのためには投資は必要です。もっとも大切な投資は教育です。自分も子供も含めキャリアを高め、人としての価値をあげていくことです。これは普段の努力が必要で、...
ETF運用

投資信託を本気で選ぶときに何をかんがえたらよいのか。「アクティブ型」か「インデックス型」かエコナセイカツ(生活)のために考える

投資信託の選び方 株の場合、企業情報やチャートで銘柄を決め購入することになりますが、投信の場合は個別銘柄ではないのと、チャート情報が断片的で、情報を一括管理できない点で、購入前にチェックしておくことがたくさんあります。...
タイトルとURLをコピーしました